ツマグロスジハゼ(スジハゼA)

特徴

(写真:2020年8月上旬採集。全長約5cm。昔はスジハゼAと呼ばれていた魚。体側にあるコバルトブルーの点が美しい)

レア度:★★★☆☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ハゼ科 キララハゼ属 学名:Acentrogobius sp. A 英名:? よく見られる季節:夏季?

最大で全長5cmほどの小型のハゼ。2020年8月上旬に浦安市内河川でハゼ釣りをしていた知人が偶然釣った。私は本種を見るのはこの時が初めてだったが、丁度その場にいた専門家の方に話を伺うと、以前から「マハゼ」に混じってポツポツと姿を見かけていたそうだ。ツマグロスジハゼは汽水域や内湾の泥底の場所に生息し、テッポウエビ類との共生を行うという習性も持つ。

なかなか見た目の美しいハゼで、体全体に小さなコバルトブルーの斑点があり、体側の中央には黒い斑点模様も見れられる。また頬にも黒いスジが2本ある。口は下アゴのほうがやや前方に突き出ている。

スジハゼは以前から体色や形態の異なる3種類がいることが指摘されていて、それらはそれぞれ「スジハゼA」、「スジハゼB」、「スジハゼC」と呼ばれていたそうだ。 そして2013年にそれぞれに標準和名が与えられ、今回採集したスジハゼAには「ツマグロスジハゼ」という名が付けられた。

他のスジハゼとの見分けだが、・ツマグロスジハゼは胸びれの付け根にある黒い点が丸い、・腹びれの後ろの方が黒く色づく、・第1背びれに斑点がない、・尾びれ付け根にある黒い模様の形状が他のスジハゼと異なる(これは見比べないとわからないと思う)といった特徴から見分けることができるそうだ。

(2020年8月)

頬に黒いスジ2本あり、口は下アゴのほうがやや前方に突き出ている。ツマグロスジハゼは・胸びれの付け根にある黒い点が丸い、腹びれの後ろの方が黒く色づく、・第1背びれに斑点がない、・尾びれ付け根にある黒い模様の形状が他のスジハゼと異なる(これは見比べないとわからないと思う)といった特徴から他のスジハゼと見分けることができるそうだ
体側には小さなコバルトブルーの斑点があり、また中央には輪郭のはっきりしない大きな黒い斑点模様が見れられる
真上から撮影。真上から見ると「マハゼ」の幼魚のようにも見える

採集する

(写真:光を当てて撮影してみた。光を反射して眼がゴールドに輝いている。また体側の青い模様もより一層鮮やかに見える)

写真の魚は2020年8月上旬に浦安市内河川で行われた「親子はじめてハゼ釣り教室」にてスタッフが採集したもの。そのスタッフは特殊なカメラ付き釣竿(魚がエサを食べるシーンを見ながら釣りができる)で釣ったらしい。

釣り針のすぐ近くにカメラがあるのにエサに食いついてきたということは、本種は警戒心が低く好奇心の強い魚なのかもしれない。 ハゼ釣り教室の際その場にいた専門家の方に話を伺うと、浦安でも以前から「マハゼ」に混じってポツポツと姿を見かけるそうだ。

飼育する

(写真:ツマグロスジハゼ(スジハゼA)の顔。いつも口を半開きにして、ボケっとしている様子が可愛い。目盛りは5mm)

現在(2020年8月中旬)、自宅水槽で飼育中(ちなみに水温は27℃前後)。環境の変化、高水温、水質の悪化にも強く、餌付きも非常に良いので、飼育し易い魚だと思う。最大でも5cmほどにしかならないというのも小型水槽で飼う側にとってはありがたい。性格も大人しいながら、適度に動きがある。

エサは採集した翌日にはクリル(乾燥エビ)を、3日ほど経った頃にはもう粒タイプの配合飼料(おとひめ EP2)をバクバク食い始めた。30cmキューブ水槽で「マゴチ」「アミメハギ」「スジエビモドキ」等と同居しているが、今のところ特にトラブルはない(若干「マゴチ」は鬱陶しそうだが笑)。