マゴチ

特徴

(写真:2019年7月下旬、高洲の海岸で採集。全長約20cm。「シロギス」狙いの投げ釣りで偶然釣れた。このくらいの大きさになると「ザ・マゴチ」と言っていい姿をしていると思う)

レア度:★★★★☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 コチ科 コチ属 学名:Platycephalus sp.2​ 英名:Bartail flathead よく見られる季節:初夏~初秋?

最大で全長80cmほどまで成長するが、それほど大きなものは非常に稀。60cmで十分大物だ。私は浦安では20cmぐらいまでの小型のものしか見たことがない。

上から押しつぶされたような平たい体型が特徴的で、頭と口は大きいが眼は小さい。よく見ると上アゴより下アゴの方が前に突き出ていて、頭上の獲物を捕らえやすい形態している。

体は黄褐色で、小さな白点が体中に見られる。また胴~尾部には黒いシマ模様も見られる。ただこれらの体色や模様は周りの環境に合わせてかなり変化させることができる。なお腹面は白い。

背びれと胸びれ、腹びれは薄い褐色の半透明で、それらには褐色の点が連なってできた筋模様が見られる。尾びれは扇形で後縁はあまり丸くならない。また尾びれには大きな黒色斑がありその周囲が白くなっているためよく目立つ。

普段は砂に浅く潜って体を周囲の砂のような体色に変化させているうえ、平たい体型のため非常に見つけづらい。外敵が近づくとビュッと砂から飛び出し、数メートル移動して再び砂に潜る。その潜るスピードが凄まじく速い。砂浜の忍者といったところか。

ちなみにマゴチは性転換する魚で、全長35cmぐらいまではオスで40cmを越えるとメスになるらしい。産卵期は4~7月頃だそうだ。

食性は肉食性で、砂に隠れながら近くを通った魚や甲殻類、タコ・イカ類などを襲う。そのような習性と食味の良さから、「ヒラメ」と並んでサーフのルアーフィッシングの対象魚として人気が高い。

 

以下に、『日本大百科全書』の『マゴチ』を引用させていただく。

『硬骨魚綱スズキ目コチ科に属する海水魚。種に対する学名はまだ与えられていない。北海道の南部以南の日本各地に分布する。従来、本種はクロゴチともよばれ、混同されていたヨシノゴチ(シロゴチ)Platycephalus sp.1によく似る。

しかし目が小さくて両眼間隔の幅は広いこと、下顎(かがく)の先端が丸いこと、体が黒っぽい茶褐色で、数本の黒い帯があること、胸びれは茶褐色の小斑点(はんてん)で被われ、その内面は淡色であることで区別できる。

体は著しく縦扁(じゅうへん)し、頭の隆起縁の棘(とげ)がきわめて弱い。背びれの前2本の棘は遊離し、きわめて小さい。内湾や河口域の水深30メートル以浅の砂泥底に生息し、小型の底生魚類、甲殻類、タコ・イカ類などを食べる。

5~7月ごろに浅海の砂場で産卵する。卵は浮性で直径0.9ミリメートル前後。受精後1日余りで艀化(ふか)する。1年で全長約13センチメートル、3年で32センチメートル、5年で45センチメートル、7年で54センチメートルになり、最大で1メートルを越える。

性転換し、全長35センチメートルぐらいまでは雄で、40センチメートルを越えるとすべて雌になる。底引網や底刺網で漁獲される。釣り人は照りゴチとよび、日差しの強い夏が釣りの最盛期になる。夏が旬で、肉は白身で弾力があり、刺身、煮付け、椀種、てんぷら、洗いなどにする。[尼岡邦夫]』

(2020年1月)

(2024年4月)

こちらは2024年3月下旬に三番瀬で採集されたマゴチ。全長約10cm
『目が小さくて両眼間隔の幅は広いこと、下顎(かがく)の先端が丸いこと、体が黒っぽい茶褐色で、数本の黒い帯があること、胸びれは茶褐色の小斑点(はんてん)で被われ、その内面は淡色であること』とのこと
尾びれとその周辺を拡大
同個体を横から撮影。このような小さなサイズのマゴチは本当にからだがペッタンコである
頭と口は大きいが眼は小さい。よく見ると上アゴより下アゴの方が前に突き出ていて、頭上の獲物を捕らえやすい形態している
体の中間部を拡大。背びれは2基あるが(1基で繋がってたらすみません)、閉じているためよく見えない
尾びれの周辺を拡大。尾びれは扇形で後縁はあまり丸くならない。また尾びれには大きな黒色斑がありその周囲が白くなっているためよく目立つ。尾びれを広げてくれると良かったのだが、広げてくれなかった。思わず、お!っとなる美しい尾びれをしているのだけど
同個体を真正面から撮影。このくらいのサイズは可愛い顔している。デカくなると怪獣みたいな風貌になってくるが

採集する

(写真:2019年9月下旬、三番瀬で撮影。全長約10cm。護岸すぐ下の石の上にいた。いつも砂地にいるというわけでもないのだろう)

砂に潜ったマゴチを見つけるのは非常に難しい。また警戒心も高く人間をなかなか近寄らせてくれない。そのためタモ網で狙って採集するのは難しいと思う。過去の捕獲実績は「シロギス」釣りの外道として釣れたのが2回(エサはアオイソメ)、適当に海底をタモ網で引きずったら捕れたのが1回だ。

狙って釣る場合は、ルアー釣りや生きた魚(「シロギス」「マハゼ」、アジ類、イワシ類など)をエサにした泳がせ釣りで狙うことが多い。また生きたザリガニやアナジャコ類も効果抜群のエサらしい。

 

(追記:2024年4月30日)「タモ網で狙って採集するのは難しい」と書いたが、狙わずに底引き網の要領でタモ網で海底を引きずると、いつの間にか網の中に入っていることが頻繁にではないがあるようだ。2021~2023年あたりは毎年そのような採集方法で2~3匹は取れていたように思う。サイズは全長5~10cmの小型個体ばかりだが。

2019年9月下旬、三番瀬で撮影。砂に隠れるマゴチ(画面中央)。どこに隠れているか分かるだろうか?
外敵が近づくと物凄い素早さで逃げ、そしてまた物凄い速さで砂に隠れる。マジで速い

飼育する①

(写真:2020年7月下旬撮影。自宅水槽1号にて。1か所に固まる3匹の「マゴチの幼魚」

以前、全長10cmほどのマゴチの若魚を飼育したことがあり、この時はエサをほとんど食べずに衰弱死してしまった。そのため「マゴチは繊細な魚なんだ」というイメージがあったが、今回飼育した幼魚は全くの逆だった。

初めこそエサを食べなかったが、自宅水槽1号へ入れて5日後、冷凍のブラインシュリンプとフリーズドライのゴカイ類(ボンドベイト)を食べたのを皮切りに、その翌日には粒タイプの配合飼料(おとひめ)をバクバク食べるようになった。

複数匹で飼育したのと、底砂を「田砂」にしたのが「マゴチの幼魚」に良い影響を与えたのかもしれない(他種の魚でも複数匹で飼育すると餌付き易いことがよくある)。

それからは毎日腹がパンパンに膨れあがるまで粒エサ食べるように。エサの食べ方も中々巧みで、水面からエサを落とすとエサが底に落ちる前にサッと泳いでエサを強奪していく。

釣り人の間では「マゴチは捕食が下手」という通説があり、「ヒラメ40コチ20」(ヒラメやマゴチは捕食が下手でエサを飲み込むまでに時間がかかるから、エサに食いついてからヒラメは40秒、マゴチは20秒待てという意味)という言葉もあるほどだが、この幼魚の捕食を見てそのイメージが変わった。

視力が良いのかは分からないが、動いている獲物を補足する能力は相当高いのではないだろうか。ただ自分の目線より下にあるものは認識しづらいようで、水槽の底に落ちてしまったエサはほとんど食べてくれなかった。

また水質の悪化にもかなり強いようだ。粒エサにも十分餌付いたので、現在はマーレ水槽で飼育を行っている(2020年8月上旬)。

 

(追記:2022年2月16日)上に書いたマーレ水槽で飼育しているマゴチだが、現在も元気にやっている。飼育開始から約1年半が経った。90cm水槽という決して大きくない空間に、多種多様な生物が暮らしているマーレ水槽はまさに弱肉強食。

そんな環境で1年以上も生存していることに、「よく頑張っているなぁ」というのが正直な感想だ。尾びれの上部を他魚(おそらく「カゴカキダイ」「カワハギ」)にかじられているが、弱った様子もなく、エサも積極的追う。

ただ他魚にエサを奪われ、エサを十分に食えていないせいか、痩せ気味で、マーレ水槽に来た頃からほとんど大きくなっていない(うむむ…申し訳ない)。あと「マゴチは寿命が3年ほど」という話もあり(本当かは知りません)、その点も心配である。

あと砂に隠れるのが非常に上手く、水槽を見に来た人の中でもその存在に気付けるのはごく一部。「ほらほら、ここに隠れてるんですよ」とマゴチを紹介するのが私の隠れた楽しみとなっている。

飼育する②

(写真:砂に潜りながらエサの「ヒメハゼ」を見つめている?マゴチ。全長約10cm。明るい時はあまり動かない。虎視眈々というやつか)

先に紹介した2024年3月下旬に採集した全長10cmのマゴチを自宅水槽で飼育してみた。このくらいのサイズになると配合飼料にかなり餌付きにくいので、ダメ元だが(ダメなら逃がそう)。

 

環境は30cm虫かご水槽。底にはサンゴ砂(細目)を敷いてある。水温は20℃前後、比重は1.023。当たり前かもしれないが、やはり砂がある方が落ち着くようで、日中は写真のように砂に浅く潜ってほとんど動かない。

まずは体力を回復させるために、エサとして全長3cmほどの「ヒメハゼ」を1匹水槽に投入。翌日には「ヒメハゼ」の姿は見えなくなる。どうやら食ったようだ。ではここから配合飼料の前段階として生エサ(冷凍エサ)に慣れさせるために、しばらくエサは与えずに空腹にさせる。

2日ほど経ってから、まずダメもとで水でふやかしたクリルを与えてみた。うん、食わない。次に冷凍アサリ。うーんダメか。では冷凍ブラインシュリンプは? これもダメ。もうちょっと空腹にさせてみるか。

さらに2日後、釣具屋で買ってきたジャリメを与えてみる。どうよ!​これならいけるでしょう!!と意気込んだが、興味を示さないどころか、嫌がる素振りを見せた。じゃあこれなら!!ということで、別水槽で飼っていた小さな「アゴハゼ」を締めて針金で水中にフワリフワリと浮かせてみた。…………ダメか。

 

敗色が濃くなってきた。マゴチ君の絶食も1週間を超えてしまって心配になってきたので、仕方がないが、再び生きた「ヒメハゼ」を3匹水槽に投入する。「ヒメハゼ」が水槽に入った瞬間、マゴチ君の目の色が変わったような気がした!! だがすぐに食うということはしない。

動きがあったのは部屋の照明を暗くする午後8時。照明のスイッチをオフにしてすぐマゴチ君が動いた!! サッと砂から外に出て「ヒメハゼ」を投げ込みフィルターとカベの間に追い込んで行く。

たまらず上方へ跳ねるようにして逃げた「ヒメハゼ」を「ガッ!…バクッ!!」と一飲みにした。マゴチ君、キミ捕食かなり上手いじゃないか!! マゴチ釣りでは「海が濁ったり曇天だとマゴチの活性が上がって釣れやすい」という通説があるが、なるほど確かにそうかもしれないと実感した出来事であった。

 

久々のエサにマゴチ君の表情もどこか満足気に見えた。うん、こりゃダメだ。やっぱり海に帰そう。

「ヒメハゼ」を飲み込んだ直後のマゴチ。どことなく満足気な表情をしているように見える

捕食行動

(写真:「マゴチの幼魚」(全長約10cm)の捕食行動を図にまとめてみた(雑))

まず環境は30cmキューブ水槽、水温26℃前後、比重1.023、水槽の底には褐色の田砂(粒径約1mm)を敷いてある。エサは直径約1.5mmの粒タイプで色は褐色の配合飼料(おとひめ EP1)。

「マゴチの幼魚」は眼の前方から後方60°(合計150°)ぐらいの範囲のものが見えているようだ。特に前斜め上方から落下してくるエサにはよく反応し、空腹時には水槽の半分ぐらいの高さまで泳いでエサに食らいつき、その後すぐに反転して元の場所に戻る。このように落ちてくるエサには食い損じがほとんどない。

エサが底に落ちて動きが止まると、エサを発見できないのか、それを拾って食うということはほとんどししない。そこで底に落ちたエサをスポイトの水流でほんの少し浮かしてやるとエサに気づき食べる。また自分の体のすぐ側(鼻先など)に落ちたエサは見えていないようだ。そのようなエサでもスポイトで目線より高く浮かしてやると食べる。

活性が低いもしくは空腹でないときは、じっとしてエサを追うことはほぼせず、スポイトでマゴチの鼻先にピンポイントで落としてやったエサだけその場で動かずに食べる。

食べる

(写真:過去に生きた「マアジ」をエサにして釣ったマゴチ。全長約60cm。マゴチは60cm以上で大物と呼べるようだ。ちなみにこれは浦安ではなく他県で釣ったもの)

夏に旬を迎える白身の高級魚。夏に釣れるマゴチを「照りゴチ」と呼ぶこともある。私も数えるほどしか食べたことがないが、刺身、煮付け、天ぷらと何でも美味しかった。

個人的には鮮度の良いマゴチを薄く刺身にして食べるのがお気に入り。ほどよい歯ごたえと、旨みが口の中に広がる。ただマゴチは身に骨が複雑に食い込んでおり、慣れていないと捌くのが大変だ。

上の写真と同個体。このサイズになると怪獣のようである。スケールは巻き尺