マゴチ

特徴

(写真:2019年7月下旬採集。全長約15cm。「シロギス」狙いの投げ釣りで偶然釣れた)

レア度:★★★★☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 コチ科 コチ属 学名:Platycephalus sp.2​ 英名:Bartail flathead よく見られる季節:初夏~初秋?

最大で80cmほどまで成長するが、それほど大きなものは非常に稀。60cmで十分大物だ。私は浦安では20cmぐらいまでの小型のものしか見たことがない。

上から押しつぶされたような平たい体型が特徴的で、頭と口は大きいが眼は小さい。よく見ると上アゴより下アゴの方が前に突き出ていて、頭上の獲物を捕らえやすい形態している。

体は黄褐色で、小さな白い点が体中に見られる。また胴~尾部には黒いシマ模様も見られるが、これらの模様は周りの環境に合わせて変化させることが可能。背びれと胸びれ、腹びれは薄い褐色の半透明で、それらには褐色の点が連なったスジのような模様が見られる。尾びれはウチワのような丸い形で黒い大きな斑点模様がある。

普段は砂に浅く潜っており、砂のような体色と平たい体型のため非常に見つけづらい。外敵が近づくとビュッと砂から飛び出し、数メートル移動して再び砂に潜る。その潜るスピードが凄まじく速い。砂浜の忍者といったところか。

ちなみに性転換する魚で、全長35cmぐらいまではオスで40cmを越えるとメスになるらしい。産卵期は4~7月頃だそうだ。

食性は肉食性で、砂に隠れながら近くを通った魚や甲殻類、イカなどを襲う。そのような習性と食味の良さから、「ヒラメ」と並んでサーフのルアーフィッシングの対象魚として人気が高い。

(2020年1月)

2019年9月下旬撮影。砂に隠れるマゴチ(画面中央)。どこに隠れているかわかるだろうか?
外敵が近づくと物凄い素早さで逃げ、そしてまた物凄い早さで砂に隠れる

採集する

(写真:2019年9月下旬撮影。全長約10cm。護岸すぐ下の石の上にいた)

砂に潜ったマゴチを見つけるのは非常に難しい。また警戒心も高く人間をなかなか近寄らせてくれない。そのためタモ網で狙って採集するのは難しいと思う。過去の捕獲実績は「シロギス」釣りの外道として釣れたのが2回(エサはアオイソメ)、適当に海底をタモ網で引きずったら捕れたのが1回だ。

狙って釣る場合は、ルアー釣りや生きた魚(「シロギス」「マハゼ」、アジ類、イワシ類など)をエサにした泳がせ釣りで狙うことが多い。またザリガニでよく釣れるという情報もある。

食べる

(写真:過去に生きた「マアジ」をエサにして釣ったマゴチ。全長約60cm。マゴチは60cm以上で大物と呼べるようだ。ちなみにこれは他県で釣ったもの)

夏に旬を迎える白身の高級魚。夏に釣れるマゴチを「照りゴチ」と呼ぶこともある。私も数えるほどしか食べたことがないが、刺身、煮付け、天ぷらと何でも美味しかった。

個人的には鮮度の良いマゴチを薄く刺身にして食べるのがお気に入り。ほどよい歯ごたえと、旨みが口の中に広がる。ただマゴチは身に骨が複雑に食い込んでおり、慣れていないと捌くのが大変。