ユビナガホンヤドカリ

特徴

(写真:2021年5月上旬撮影。約1.5cm(貝殻の大きさ)。自宅で飼っていたものを撮影)

レア度:★☆☆☆☆ 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ホンヤドカリ科 ホンヤドカリ属 学名: Pagurus dubius​ 英名:? よく見られる季節:4~11月

【この生物の解説動画はこちらから】

大きくても(貝殻を入れて)2cmほどの小型のヤドカリ。浦安周辺で最もよく見られるヤドカリで、特に三番瀬にはものすごい数がユビナガホンヤドカリが生息している。その気になればすぐに両手一杯集められるほどだ。

日本全国の沿岸の、砂地が絡むような場所に幅広く生息しているヤドカリで、浦安での本種は「イボニシ」やムシロガイ類、ウミニナ類の貝殻に入っていることが多い。

「ユビナガ」の名前が表すように、脚(第2、第3歩脚)が長くなっており、これによって砂地での移動がし易いそうだ。また右のハサミの方が大きく、これはユビナガホンヤドカリなどが属する「ホンヤドカリ科」のヤドカリたちの特徴である。

食性は雑食性で貝類やカニ、魚などの死骸、小さな海藻、砂中のデトリタスなど様々なものを食べる。場合によっては生きた小動物なども捕食する。繁殖期は10~3月頃でピークは1~2月らしい。私の感覚でも丁度ピークの頃に護岸から姿を消すので、少し深場に行って繁殖活動をしているのだろうか?

(2021年5月)

ユビナガホンヤドカリの脚。脚は白~クリーム色をベースに黒いシマ模様が入っている(個体により体色の違いはあるようだ)。脚の先端部は白い
右のハサミの方が大きい。余談だが、ヤドカリの目は面白い見た目をしているなぁと思う。地球外生命体のような感じ…
こちらの個体はキサゴ系の貝の貝殻を住処にしている。よく「ヤドカリは現在入っている貝殻が窮屈になると、新しい貝殻に引っ越す」という話を聞くが、私が今まで見た感じでは、貝殻が窮屈という場合以外でも、条件の良い貝殻があると結構頻繁に引越しを行う(何が良いのかはヤドカリに聞いてみないと分からないが)
この個体はやや緑がかった体色をしているが、脚の先端が白いという部分は共通している

採集する

(写真:2019年8月中旬撮影。ユビナガホンヤドカリの群れ。三番瀬で護岸の足下の水中をのぞくとたくさんのユビナガホンヤドカリを発見)

採集は非常に簡単。たくさんいるので拾うだけ。特に三番瀬に多く、海に入らなくても護岸の上の水たまりにもたくさんいるので、小さな子供の海遊びデビューにはぴったりの生物。また護岸の上でも淡水が染み出しているような場所にかたまっていることもある(そこに生えた藻類でも食べているのだろうか?)。

1~2月頃は水温、気温の低下のためか浅瀬から姿を消し、また3月頃になるとポツポツと浅瀬に姿を現すようになる。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止、潮干狩り客の急増・そのマナー悪化のため、現在三番瀬(浦安側)は立ち入り禁止が厳重化され、一般の人が入ることはできなくなってしまいました(2021年6月現在)。

飼育する

(写真:引越し中のユビナガホンヤドカリ。非常に無防備な状態で、この時に他の生物に襲われると危険だ)

三番瀬水槽では、特に世話をしなくても、入れておくだけで長期間生きてくれる。おそらく、エサの食べ残しや石に生えたコケ、砂中のデトリタスなど色々なものを食べているのだろう。そのため三番瀬水槽では、掃除屋として常時10匹ほどユビナガホンヤドカリを入れている。ときどきクリルなどを口元まで運んでやると、喜んで食らいつく。他の生物に悪さをするということもほとんどないようだ。

ただし混泳には少し注意が必要で、大きめの「イソガニ」「タカノケフサイソガニ」などはユビナガホンヤドカリの中身を引っ張り出して食べてしまうことがあるし、また過去には全長10cmほどの「クロダイ」「アイナメ」に水槽中のユビナガホンヤドカリを全滅させられたことがある(口が小さい魚はヤドカリの中身を引っ張り出して食べることができるようだ)。

ユビナガホンヤドカリは、気性が荒かったり肉食性が強い生物にはエサとして認識されてしまうようだ。なのでそのような生物と混泳させる場合は、石などを組んで外敵が入って来れない隠れ家を作ってやると良いと思う。