イボニシ

特徴

(写真:20197年7月上旬採集。約2.5cm(貝殻の長さ)。貝殻の内側は白っぽい色をしている)

レア度:★☆☆☆☆ 軟体動物門 腹足綱 新腹足目 アッキガイ科 レイシガイ属 学名:Thais clavigera 英名:? よく見られる季節:初夏~夏(一年中見られるが冬季は少ない)

【この生物の解説動画はこちらから】

最大で5cmほど(貝殻の長さ)になるが、今のところ私はそんなに大きなイボニシを発見していない。よく見るのは1.5~3㎝ぐらいのもの。おそらく浦安で最もよく見られる巻貝。海沿いや河口、三番瀬などに行けば必ず出会えると言っていいほど、どこにでもいる(浦安では特に河口やその周辺に多い気がする)。また日本(北海道南部~九州)だけでなくや朝鮮半島、中国沿岸からマレー半島まで広く分布する巻貝。

貝殻は紡錘形で暗い灰色をしており、貝殻の口付近は白っぽい色をしていて、さらにその内側は灰色っぽくなっている。また貝殻の表面には「イボニシ」の名前の通りイボが並ぶ。「レイシガイ」という貝と非常によく似るが、こちらは貝殻の口付近が淡いオレンジ色をしており、またイボニシより大型になることが多い。

イボニシは他の貝を襲って食べる肉食性の巻貝で、穿孔腺(せんこうせん)という酸を分泌する器官を持ち、「マガキ」やフジツボ類などの貝殻に、穿孔腺からの酸と歯舌(しぜつ)の運動で穴を開け、その肉を食べる。またイボニシは相手の貝殻の合わせ目に微細な刻み目を入れ、そこから毒を注入して抵抗力を奪い、貝殻をこじ開けて中の肉を食うという方法もとる。

獲物は主として岩に固着する貝類(特にカキ類やカサガイ類など)やフジツボ類を好む。このため同様の生態を持つ「アカニシ」「レイシガイ」などとともにカキ養殖にとって被害を与えることもある。

繁殖期は初夏~夏で、交尾によって受精する。垂直護岸の表面などに数百から数千個体が群がり、1本が2cmほどの細長い卵嚢(らんのう)を大量にぎっちり密集して産み付ける。その様はまるで花畑のようだ(下の写真参照)。

(2020年1月)

貝殻にはイボ状の突起が見られる

1本の水管を出しながら移動するイボニシ。目盛りは5mm

2019年7月上旬撮影。垂直護岸にぎっちりと産み付けられたイボニシの卵嚢(らんのう)。まるで花畑のようだ
2017年4月下旬撮影。テトラポット上に密集するイボニシの群れ。初夏から秋にかけてはこのような光景をしばしば目にする

採集する

(写真:貝殻表面の汚れを落としたイボニシの貝殻。採集したイボニシを茹でて中身を出し、表面に付いた藻類や汚れを歯ブラシで落とし、コーティングをしてみた。予想外の美しい模様が現れた。目盛りは1cm) 

浦安の海沿いには膨大な数がいるので、採集は非常に簡単。見つけて拾うだけ。

特に初夏には繁殖活動のためか、ものすごい数のイボニシが垂直護岸くっついているのをしばしば見かける。そこでタモ網を使い、垂直護岸をこすり上げるようにすると、大量に効率良く採れる(たくさん採ってもしょうがないのだが…)。

目盛りは1cm
殻頂から撮影。よく見ると、表面の黒褐色の模様の奥が、青灰色っぽくなっているのがわかる

こちらはイボニシのフタ。フタはべっ甲のような色で、赤茶色の太いシマ模様が入っている。目盛りは1cm

こちらは波当たりの強い海岸で採集したイボニシの貝殻。波により貝殻表面が削られ、黒や青い色が現れている。目盛りは1cm

飼育する

(写真:水槽内にいた「ムラサキイガイ」に襲い掛かる?イボニシ。結局この後、「ムラサキイガイ」を食べずに去っていった)

飼育と言っていいかわからないが、拾ってきたカキ殻にくっついていたものをそのまま水槽に入れたり、「マダコ」のエサ用として大量に飼っていたことがある。

非常にタフな生物で、水槽に入れておけば特別な世話やエサやらなくても、数ヶ月平気で生きている(もっと長く飼えると思う)。

ただイボニシは肉食性で、他の貝を襲って食べる貝食性の貝なので、他の貝類と一緒に飼うと、あっという間にイボニシに食べられてしまうので注意。

食べる

採集が簡単なので、地方では茹でたり煮たりして昔から食べられてきたそうだ。内蔵に独特の苦味があるらしく、大人の味だとか。

私も興味があり食べてみようと思ったのだが、古くから浦安で暮らしている人に「あぁ、あれお腹壊すヤツだよね」と言われたので、食べることは断念した(貝はあたると怖いので)。

そういえばイボニシを「マダコ」のエサとして与えたことがあったが、明らかに他のエサより食いが悪く、最終的には食べなくなってしまった。

(追記:2022年8月5日)浦安市内河川中流域で、大振りのイボニシが採れたので、水で10分ほど茹でて食べてみた。採集場所の水質や暑い季節ということもあるので、内臓は食べずに身の部分だけを食べてみることに。

「ん…フツーにイケるやん」。身は「サザエ」のような味と食感だが、「サザエ」ほどの味の濃さや磯っぽさは無い。旨味や味は薄い。淡泊で特徴のない味だ。たぶん塩茹でとかにした方が美味しいと思う。やはりイボニシの本領は内臓か…(食べないけど)。