バカガイ(アオヤギ)

特徴

(写真:2020年2月中旬、三番瀬で採集。貝殻の幅約6cm。一度聞くと記憶に残る名前をした貝である。目盛りは5mm)

レア度:★★★★★★★★★☆ 軟体動物門 二枚貝綱 マルスダレガイ目 バカガイ科 学名:Mactra chinensis 英名:Rediated trough-shell よく見られる季節:?

【この生物の動画はこちらから】

最大で10cmほど(貝殻の幅)になる。関東では「青柳(アオヤギ)」とも呼ばれ、寿司ネタとしても有名。内湾の浅い砂地に生息しており、浦安では潮干狩りの際にたま~に見かける。浦安地元人によれば「昔はバンバン採れたのになぁ!!(今は採れない)」そうだ。「アサリ」よりも少し沖合のより深い場所に多いらしい。

貝殻は明るい褐色に白っぽい放射状の筋が入るものや、全体が薄いベージュ色で放射状の筋があまり目立たないものなどが見られる。ちなみに貝殻の表面はつるつるしている。貝殻の裏側は縁辺部が褐色で、その内側は白く、頂点付近は紫色に色づく。貝殻は薄く脆く、ちょっとした衝撃で欠けてしまったり、表面が剥がれたりする。

名前のインパクトから、一度知るとしっかりと記憶に残る貝だが、その名前の由来を知っている人は意外と少ないかもしれない。名前の由来には諸説あり、

①貝殻が薄く壊れやすいことから「破家貝」と名付けられたとする説、②一度に大量に漁獲されることがあるので、「バカみたいに多く獲れる貝」という意味でこの名前が付いた説、③いつも貝の口をあけてオレンジ色の「斧足(ふそく)」を出している姿が、バカのように見えるからという説、④昔、「馬加(まくわり。現在の幕張のこと)」でたくさん獲れたため、地名を音読みし「バカ貝」と呼ぶようになった説、⑤頻繁に場所を変えることから「場替え貝」と名前が付いた説などがある(まだ他にも説がある)。

なので他人に名前の由来を説明するのが非常に大変だ。

砂から2本の水管を出し、プランクトンやデトリタスを海水ごと吸い込んで、体内で濾しとって食べる。また砂に潜るのが「アサリ」などにくらべてかなり速いらしい。産卵期は早春~夏。

(2020年2月)

貝殻を大きく開いて呼吸している。大きな足(斧足(ふそく))が見える
この個体は蝶番(ちょうつがい)の周辺が若干黒ずんでいる
左側(後方)から撮影。2本の水管と、バカガイが吐き出した黒い物体が見える
身の危険を感じても貝殻が完全に閉じない。なぜ半開きになるよう進化してしまったのか…

食べる

(写真:茹でたバカガイ。長く伸びた斧足(ふそく)が目立つ)

2020年2月中旬に採れたものを水だけで1分間茹で、身と貝柱、ヒモを食べてみた。

身離れがとても良く、噛んだ瞬間から強い甘味と旨みが口に広がる。味や甘味は「ホタテ」のような感じだが、ホタテのようなしつこさ?がなく、いくらでも食べれる感じだ。これは非常に美味い。もっと食べたい。