クジメ

特徴

(写真:2022年5月上旬、三番瀬で採集。全長約10cm。姿は「アイナメ」によく似る。体色や模様がよく変化する)

レア度:★★★★★ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 アイナメ科 アイナメ属 学名:Hexagrammos agrammus​ 英名:Spotbelly Greenling よく見られる季節:?

30cm以上まで成長する。私が浦安でクジメを見たのは一度だけ。写真のクジメは2022年5月上旬に、「浦安市三番瀬環境観察館」のスタッフさんが採集したもの。

クジメによく似た魚として「アイナメ」が挙げられるが、「アイナメ」との違いは側線の本数と尾びれの形を見るとよくわかる。クジメの側線が1本なのに対し、アイナメの側線は5本(2本以上という意見もある)。そしてクジメの尾びれは後縁が丸く扇形をしているが、アイナメの尾びれの後縁は浅い「くの字」になっている(下の写真参照)。また「アイナメ」の方が大型になる(最大70cmほどになるとか)

あと個人的にはアイナメの方が口~胴、尾びれまでの体の各パーツのバランスが良い気がする(クジメは頭が小さく胴が太いような…)。それとアイナメの体の模様は迷彩柄っぽいのに対して、クジメの模様は細かく地味な感じがする。

「アイナメ」同様、体色や体の模様は、魚の状態によってよく変化するようだ。

(2022年5月)

頭部は「アイナメ」によく似るが、クジメの方が目から上唇のラインがシュッとしている気がする。この個体は眼が赤かった。また眼の上部にはトゲ状の突起が1本ずつある。目盛りは5mm

体色は迷彩柄のよう。1本の側線に沿って白い点が並んでいる。背びれの中間(くびれている部分)には大きな黒点があり、これは「アイナメ」と共通している。またこの個体の尻びれには、明瞭な黒いシマ模様があり良く目立つ。目盛りは0.5mm

尾びれは後縁が丸く、扇形をしている。これが「アイナメ」とクジメを見分けるポイントの1つとなる
真上から撮影。興奮のためか。体の模様が薄くなり、体色も黄色っぽくなっている

採集する

(写真:自宅水槽2号に入れたばかりのクジメ。興奮のためか体の模様が薄くなり、体色も黄色っぽくなっている)

近縁種の「アイナメ」同様、現在の浦安ではかなりレアな魚と思われる。

私はクジメを捕まえたことがないので詳しいことは分からないが(「浦安市三番瀬環境観察館」のスタッフさんが捕まえました)、「アイナメ」なら過去に2度、同じような季節・場所で採集したことがある。

その季節は3月下旬~4月下旬で(今回のクジメは5月上旬だが)、場所は三番瀬浦安側の南東、転石帯の波打ち際を適当にタモ網で引いていたら、たまたま海藻ごと網の中に入ったものだ。

何故あの時期・場所にいたのか詳細は不明だが、よく似た状況で三度もアイナメ属魚類が採集できたのには何か理由があると思っている。

(追記:2022年5月22日)2022年5月下旬に、私も同サイズの個体を三番瀬で採集することができた。岸から15mほど離れた場所に障害物が沈んでおり、そこに流されてきた「オゴノリ」が大量に溜まっていたので、それをタモ網ですくうと(足で掻き込むようにして)、その中に隠れていた。レア魚なのでいつもなら嬉しいはずだが、最近ようやく家の水槽にいたクジメを外に出したばかりだったので、感動や嬉しさはほとんど湧かなかった(笑)

飼育する

(写真:塩ビパイプから顔を覗かせるクジメ。やはりというか、障害物に隠れるのを好むようだ)

今まで1匹しか飼ったことがないので、これが全てとは言えないが、恐ろしく貪欲でタフな魚という印象。アイナメ系の魚はこういう傾向がある気がする。低水温~32℃ぐらいの高水温でも飼育可能という話もある。

他の小型底生動物(エビやヤドカリ、ヨコエビなど)と混泳させると、そいつらが根こそぎ食われそうだったので、取りあえず自宅水槽2号で飼育することにした。

自宅水槽2号は横幅30cm×奥行き15cm、水量わずか7L程度の小さな水槽で、今回のクジメの大きさからすると明らかに小さい。だが水槽に入れられた当初こそ、落ち着かない様子を見せていたものの、1~2時間もすると落ち着きを取り戻し、さらに驚いたのは、水槽に入れられたその日にエサ(クリル)を食べ始めたのだ。

「ある程度成長しちゃってる個体だから、餌付けはちょっと大変かなぁ」と思っていたので、予想外の事態に驚愕。しかもその翌日には、粒タイプの配合飼料(おとひめ)まで食べ始めた(笑) 今まで飼育した魚でこんなヤツはいただろうか。そして腹が減ると、先に自宅水槽2号に入居していた「スゴカイイソメ」君の棲管をかじり始めた。うん、やはり他生物と混泳させなくて正解だった(「スゴカイイソメ」君には悪いが)。

その後、2週間ほど飼育を続けると、私の存在にも大分慣れてきたようで、エサを与えるそぶりを見せると、塩ビパイプから顔を覗かせたり、水面を気にするような動作をするようになった。思ったより愛嬌のあるヤツなのかもしれない。

クジメは浦安ではレアな魚であり、この個体は配合飼料にも餌付いたので、三番瀬水槽で展示したいのだが、過去の「アイナメ」飼育の経験から他生物と混泳させると色々と厄介なことになるのは明白…なので取りあえず市役所水槽の隔離水槽に入れて展示することした(2022年5月中旬~)。