スネナガイソガニ

特徴

(写真:2021年3月下旬採集。約1cm(甲羅の幅)。メスのスネナガイソガニ。同じ場所で見つかる他のカニたちに比べると華奢な印象を受ける。目盛りは5mm)

レア度:?(珍しいとは思う) 節足動物門 軟甲綱 十脚目 モクズガニ科 学名:Hemigrapsus longitarsis 英名:? よく見られる季節:?

甲羅の幅が1.5㎝ほどまで成長する小型のカニ。2021年3月下旬に「浦安市三番瀬環境観察館」の生物調査に同行させてもらった際に三番瀬で偶然発見した。岸近くの岩場で石をひっくり返しながら生物を探していると、何となくいつものヤツら(「イソガニ」「タカノケフサイソガニ」など)と違った雰囲気のカニを発見。気になったのでとりあえず捕獲し、自宅でしばらく飼いながら様子を見ていたのだが、私には種類を同定することができなかったので、底生動物に非常に詳しい観察館のスタッフさんに見てもらったところ、スネナガイソガニということが判明した。ちなみに本種はアマモ場などで多く見られるカニらしい。

私の採集した個体(メス個体)は体全体が赤茶色~茶色をしていたが、他に薄い緑色ベースに白や黒色、褐色の模様が入ったタイプのものもいるようだ。また脚には「イソガニ」に見られるような、白っぽいまだら模様も確認できた(下の写真参照)。スタッフさんの話によれば、より詳細な同定をおこなう場合は脚の関節部にある突起の数を数えるというようなことを言っていたが、私には分からなかったので割愛させてもらう(すみません…)。

甲羅はやや丸みを帯びた正方形に近い四角形で、この形状が三番瀬でよく見る他のカニたちとは違った雰囲気を感じさせる。甲羅の両サイドには切れ込みが2つずつ入っている。また水中に入れて観察するとよくわかるが、甲羅の表面に短い毛が生えている。また腹側は白色~灰色をしていた(下の写真参照)。

同年4月上旬には同じ場所で、甲羅の幅が5mm程度のオス個体も採集することができた。こちらはまだ成長しきっていないためか、体色は半透明で甲羅には黒いまだら模様が見られた。

(2021年4月)

メスのスネナガイソガニ。水中に入れて観察するとよくわかるが、甲羅の表面と脚に短い毛が生えている
甲羅はやや丸みを帯びた正方形に近い四角形で、この形状が三番瀬でよく見る他のカニたちとは違った雰囲気を感じさせる

メスのハサミは細く小さい。この個体はハサミの先端が白っぽくなっている

脚には「イソガニ」に見られるような、白っぽいまだら模様も確認できた
メスのスネナガイソガニの腹側。「ふんどし」は幅広の半月状で、よく見る「ふんどし」の縁辺には毛が密集して生えている
2021年4月上旬採集。オスのスネナガイソガニ。約5mm(甲羅の幅)
メスと比べると、ゴツくて大きなハサミを持つようだ
まだ成長しきっていないためか、体色は半透明で甲羅には黒いまだら模様が見られた