アマクサアメフラシ

特徴

(写真:2020年4月下旬採集。全長約20cm。「アメフラシ」にとてもよく似ている)

レア度:★★★★★ 軟体動物門 腹足綱 真後鰓目 アメフラシ科 アメフラシ属 学名:Aplysia juliana 英名:? よく見られる季節:?

【この生物の解説動画はこちらから】

2020年4月下旬、強い南風が吹いたある日、河口の岩の上に、打ち上げられたかのようにぐったりしている本種を発見(写真参照)。この時は写真の20cmほどある個体と一回り小さな15cmほどの個体の2匹を発見した。またその近くには、半分干からびて死んでいるものも1匹いた。以前、同じ場所で「アメフラシ」を発見したことあったが、本種を見るのはこの時が初めてだった。強い南風で海が荒れていたので、どこからか流されてきたのだろうか?

見た目や大きさが「アメフラシ」によく似ているので、初めは「アメフラシの色違いの一つか?」と思ったが、その後知人に聞いたり、自分でも調べてみるとアマクサアメフラシという結論に行き着いた。

「アメフラシ」との見分けのポイントは、アマクサアメフラシの背中の割れ目の、両サイドにあるビラビラした膜(側足)が後ろで繋がっており、「アメフラシ」では繋がっていないこと(下の写真参照)。それと「アメフラシ」は刺激を与えると紫色の汁を出すが、このアマクサアメフラシは白い汁を出すそうだ。

(2020年4月)

このアマクサアメフラシは濃い褐色をしているが、薄い茶色をしていたり、白いまだら模様のある個体もいるらしい
背中の割れ目の両サイドにあるビラビラした膜(側足)が体の後方で繋がっている。また割れ目の間の肉の中には、丸い板状の殻が埋まっている
ひっくり返してみた。貝殻など様々な物がくっついている。粘着力は高いようだ
採集場所の近くにはアメフラシ類の卵塊もあった。アマクサアメフラシの卵塊だろうか?