ネクトキータ幼生①

特徴

(写真:2019年6月中旬採集。全長約1mm。キノコのような形をしている。写真には2匹が丁度、それぞれ裏と表になって写っている(目盛りは0.5mm))

レア度:? 環形動物門 多毛綱 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

種類不明。2019年6月中旬の夜に河口の浅瀬で採集。マツタケのようなキノコを型で、水中をスーッと動いていた。写真の2匹は丁度、表と裏側になって写っており、表側?には体節を仕切るような黒い横スジが並び、裏面は半透明で内蔵?と排泄口?のようなものが見える。

(追記:2020年8月28日)プランクトンに詳しい人によれば、多毛類(ゴカイ類)の幼生で、このような幼生を「ネクトキータ幼生」というそうだ。多毛類のなんという種類なのかは聞きそびれてしまったが…。まさかこれが将来ゴカイになるとは全く想像もつかなかった。

(2020年8月)

採集する

(写真:廃材とストッキングで作った簡易プランクトンネット)

写真のようにストッキングの先にカップを付けた、自作のプランクトンネットで意外と簡単に採集できる。カップ部分には石を入れたり、糸オモリを巻いたりして少し水に沈むようにしてやると採集しやすい。水の流れが弱くなっている場所や堤防の内側の角などプランクトンが溜まっていそうな場所を狙う。夜間に光を当ててプランクトンを集めてからネットで採集するという方法もある。