オヤビッチャ

特徴

(写真:2019年9月撮影。全長約9cm。動きが素早く、ちゃんとした写真が撮れなかった)

レア度:★★★☆☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 スズメダイ科 オヤビッチャ目 学名:Abudefduf vaigiensis 英名:Indo-Pacific sergeant よく見られる季節:8~10月

最大で全長15cmを超える。写真の魚は9月に三番瀬の岸近くで撮影したもの。浦安では海水温が最も高くなる8~10月頃に、浅瀬を単独もしくは2~3匹の群れで泳ぐオヤビッチャをときどき見かける(2019年は11月中旬にも確認した)。警戒心が高く、泳ぎも素早いのでなかなか人間を近寄らせてくれない。

体は丸っこい楕円形で、口が少しとがっており、尾びれは大きく二又に分かれている。体は白が強い灰色で背中のあたりが黄色く色づいている。また体側にはよく目立つ太く黒いシマ模様(魚類学的にはこれは横ジマ)が5本あり、遠くから見ると「イシダイ(シマダイ)」の幼魚と間違えてしまいそうだ。またウロコは大きくしっかりとしている。

日本では千葉県より南に生息しており、やや南方系の魚のようだ。食性は動物食寄りの雑食性らしい。

(2020年5月)

遠くから見るとこんな感じ(魚は写真左)