メバル(の一種)

特徴

(写真:2019年5月中旬採集。全長約5cm。目盛りは5mm)

レア度:★★★☆☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 メバル科 メバル属 学名:Sebastes sp. 英名:Japanese rockfish? よく見られる季節:4~5月(幼魚)、冬~春(釣り)

30cmほどまで成長するが、希に30cmを大きく超える個体も存在する。大きな顔と口、そして何より大きな目が特徴。眼の大きさから「目張(めばる)」の名前が付いた。「メバルの煮付け」などの料理で食卓にも馴染み深い魚だが、近年は高級魚として扱われることが多いので、食べる機会はそんなにないかもしれない。成長の遅い魚と言われており(個人的には疑問だが)、地域にもよるが20cmを超えるのに5年ほどかかると言われている。

浦安では4~5月に3~4cmほどの幼魚をよく目にする。特に三番瀬で海底に沈んだ「オゴノリ」やアオサ類などの海藻のかたまりを網ですくうと、その中から見つかることが多い。また数は多くないものの、冬~春にかけては浦安沿岸で釣ることも可能らしい(私はまだ釣ったことないが)。

冬の魚というイメージが強いが、メバル自体は周年釣れる。ただメバルは低水温に適応しているので(沿岸の生息するメバルはの適水温は14℃前後らしい)、水温が下がり他の魚が釣れなくなる冬場でも釣れることから、そのようなイメージが付いたのではないだろうか。

食性は肉食性で、場所によりその食性も変化するが、幼魚は主に小型の甲殻類を、そして成魚にになるとエビやカニなどの甲殻類や小魚、小型のイカなどを大きな口で丸呑みにする。このような食性からルアーフィッシングの対象魚としても人気がある。

またメバルは「カサゴ」など同じく卵胎生(らんたいせい)で、冬に交尾したメスは体内で卵を孵化させ、交尾の1ヶ月後ぐらいに5mmほどの稚魚を出産するそうだ。

(2020年1月)

3種類の「メバル」

(写真:山口県の磯で捕獲したメバル。全長約25cm。「クロメバル」と思われる)

このページのタイトルを「メバル(の一種)」としたのには訳がある。昔から、メバルには体色や生息場所などが異なる3つのタイプがあると言われていて、海に潜ってよくメバルを見ていた私も同じ印象を持っていた。専門家達による議論が繰り返された末、とうとう2008年にそれらのメバルに遺伝子的に違いがあることが分かり、今まで「メバル」として一つにまとめられていたものが、「アカメバル」、「シロメバル」、「クロメバル」の3種に分けられた。

ざっと違いを説明すると、まず「アカメバル」は体色が赤っぽく(金色っぽくもある)、胸びれの柔らかい筋(軟条(なんじょう))の数が15本で尻びれの軟条が7本。また個人的には穏やかな藻場やアマモ場に生息しているイメージがある。

次に「シロメバル」は体色が白っぽく、胸びれの軟条が16本で尻びれの軟条が8本。

そして「クロメバル」は体色が黒っぽく、胸鰭の軟条が16本で尻びれの軟条が7もしくは8本。個人的には主に岩礁域に生息していて、遊泳性が高い印象がある。

ただ体色は成長段階や生息環境で変わることもあるし、正直見た目で判断するのはちょっと難しい。見分けには上記にあるよう、ひれの軟条の数を数えるのが有効だが、そのためには魚に手で触れて確かめる必要があり、小さな幼魚にはそれが負担となるので、私は今まで行っていなかった。そんな理由から、私は浦安で採集したメバルを「メバル(の一種)」として紹介することにした。

採集する

(写真:2018年5月中旬採集。全長約4cm。三番瀬で海底に沈んだ海藻の塊の中に隠れていた)

先に書いた通り、4~5月に三番瀬で海底に沈んだ海藻などを網ですくうと一緒に捕れることが多い。

成魚のメバルは釣りでの採集が一般的だろうか。基本的に夜の方がよく釣れると言われている。釣り方は生きたエビやアオイソメをエサにしたウキ釣りや、岸壁際にエサを落とすヘチ釣りなど様々な釣り方で狙える。メバルを専門にした釣り船もあるほどだ。30cmを超えるメバルを「尺メバル」と呼び、これを釣ることは釣り人最高の名誉の1つとなっている。また最近はルアーフィッシングの対象魚としても人気で、メバル専用の竿やルアーもたくさん売られている。

余談だが、私は銛突き(もりつき)が好きで海に潜ってはよくメバルを突いていた。もしかしたら今まで突いた魚の中で一番多いのがメバルかもしれない。メバルは水中で人が近づいてもあまり逃げないので突き易いのだが、銛を紙一重でサッと避けるのが上手い。またそんなに深くまで潜らなくなくても20cmを超えるメバルがゴロゴロいたので、銛突きを始めた当時はメバルは良い練習相手兼おかずだった。メバルを安定して突けるようになると、ようやく銛突き初級といったところか。

飼育する

(写真:2019年7月上旬撮影。全長約10cm)

三番瀬水槽では過去に何度もメバルを飼育した。丈夫で配合飼料もよく食べるので、飼い易い魚だと思う。また水槽の中層を泳いでくれるので水槽映えもする。

ただ小さいうちはいいのだが、大きくなってくると口に入るサイズの魚やエビなど、他の生物をバクバク食べるようになってしまう。特にエビは大好物のようで、メバルと同居させるとあっという間にいなくなる。

エサも他の魚を押しのけてバクバク食べるので成長も速い(ただ「メジナ」「クロダイ」には遠慮していた。ヤツらはさらに強い)。また縄張り意識も強く、縄張りに近づいてくる生物を追い払ったり、同じメバル同士で激しく争うこともある。なのでメバルを飼育する際は十分なスペースと隠れ家を用意し、口に入りそうな生物は混泳させないか隔離する必要があるかもしれない。

食べる

磯の風味(何と表現したらいいかわからないが)がありつつも、クセのなく甘味のある白身で普通に美味い。

メバルといえばやはり煮付けだろう。大型のものは刺身にしても美味しい。その他にカルパッチョや塩焼き、鍋に入れるのもオススメ。