シリケンウミセミ

特徴

(写真:2020年5月中旬採集。体長約4.5mm。生きた状態で撮影。オスは「シリケン」の名の通り、背面後方に後ろ向きに伸びる一本の突起を持つ。目盛は0.5mm)

レア度:? 節足動物門 軟甲綱 等脚目 コツブムシ科 シリケンウミセミ属 学名:Dynoides dentisinus 英名:? よく見られる季節:?

(同定にちょっと自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけると嬉しいです)

※以下、本種を「シリケンウミセミ」と仮定した解説です。

2020年5月中旬に浦安市内河川の河口で採集したカキの貝殻にくっついていたのをたまたま採集。

体の後端にある羽状のヒレ(尾肢というらしい)がウチワのように大きく、体の背面後方には後ろ向きに伸びる太い突起が1本ある。この突起の様子から「尻剣ウミセミ」と名前が付いたのだろう。ちなみにこの突起はメスには見られない。また写真の個体の体色は暗緑色だが、体色は個体によって様々なようだ。

刺激を受けると体をダンゴムシのように丸めて、防御姿勢をとる。

写真の個体を採集したときに同じ場所で、似たようなウミセミ類をたくさん捕まえたのだが、その中には尾肢が写真の個体ほど大きくなかったり、背中の突起が小さかったりするものも多かった。それらが同じシリケンウミセミなのかは正直分からないが、一応下に写真を載せておく。

ちなみにウミセミとは『日本大百科全書』によると、『節足動物門 甲殻綱 等脚目 コツブムシ科のウミセミとよばれる数種の総称。基本的な形態はイソコツブムシなどと同様で、長楕円(ちょうだえん)形であるが、背面が盛り上がってセミを思わす形態からウミセミの名がある。代表的な種はチビウミセHolotelson tuberculatusとシリケンウミセミDynoides dentisinusで、ともに北海道から九州各地、中国北部に分布し、岩礁の潮間帯の石の下や海藻の根元にすむ。体長1センチメートル内外。チビウミセミの雄では腹尾節の後端が棒状突起として伸びるが、雌では三角形。シリケンウミセミも雌では腹部前節に突起がない。』だそうだ。

(2020年5月)

横から撮影。背中にある1本の突起がよく目立つ
腹側から撮影
刺激を与えると、このように丸まって防御姿勢をとる(目盛りは0.5mm)
防御姿勢を別アングルから
同時に採集した別個体。体長約3mm。シリケンウミセミなのかは不明。上の写真の個体に比べて尾肢が小さく、背中の突起も短い。体色も大きく異なる。生きた状態で撮影(目盛は0.5mm)
横から撮影。背面の突起は短く目立たない。メス個体か? それとも未成熟なオスか? はたまた別種?
2020年5月下旬採集。シリケンウミセミなのかは不明。一番上の写真の個体に比べて尾肢が小さく、背中の突起も短い。体色も大きく異なる。生きた状態で撮影(目盛は0.5mm)
横から撮影。背中の突起は短く目立たない。メス個体か? それとも未成熟なオスか? はたまた別種?(目盛は0.5mm)
2020年5月下旬採集。シリケンウミセミなのかは不明。一番上の写真の個体に比べて尾肢が小さく、背中の突起も短い。体色も大きく異なる。生きた状態で撮影(目盛は0.5mm)
横から撮影。こちらの個体の背中の突起はそこそこ長い(目盛は0.5mm)
2020年5月下旬採集。シリケンウミセミなのかは不明。一番上の写真の個体に比べて尾肢が小さく、背中の突起も短い。体色も大きく異なる。生きた状態で撮影(目盛は0.5mm)
横から撮影。背中の突起は短く目立たない。メス個体か? それとも未成熟なオスか? はたまた別種?(目盛は0.5mm)