コノハエビの一種①

特徴

(写真:2019年6月中旬採集。体長約8mm(触角を除く)。生きた状態で撮影。はっきりとした大きな眼を持ち、その前方と下方には長い触角が伸びる(目盛は0.5mm))

レア度:? 節足動物門 軟甲綱 薄甲目 コノハエビ科 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

(同定にちょっと自信がありません。他の資料も参照してください。詳しい人がいましたら、情報を頂けると嬉しいです)

※以下、本種を「コノハエビの一種①」と仮定した解説です。

2019年6月中旬、東京湾奥で大規模な青潮が発生した翌日に河口の浅瀬の砂をタモ網ですくったところ、その中に紛れていた。捕まえた当初はクーマ類の一種だと思っていたが、どうやらコノハエビの一種のようだ。

コノハエビとは『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』によれば、『軟甲綱 薄甲目 Leptostracaとしてまとめられる甲殻類の総称。コノハエビ科 Nebaliidaeなど3科からなり、約40種が知られている。体長1cm内外。頭胸部と腹部前半は二枚貝状の殻で包まれ、可動の額角をもつ。8対の胸脚はすべて葉状で、甲殻類の原始形態を示すと考えられる。現生の甲殻類としては最も古く、古生代シルル紀に出現した「生きている化石」である。浅海底生種のほか深海浮遊種も知られている。コノハエビ Nebalia japonensisは赤色の大きな有柄眼1対と長い触角をもち、河口付近のやや汚れた砂泥底にすみ、有機物をろ過して食べる。日本産と世界に広く分布するN. bipesとの異同は明らかではない。』だそうだ。

(2020年6月)

消化管がよく透けて見える。丁度糞をしている瞬間のようだ
本文を入力してください