イソコツブムシの一種①

特徴

(写真:2020年3月下旬採集。体長約7.5mm。生きた状態で撮影。ウロコの色と模様がダマスカス鋼のようでカッコイイ)

レア度:? 節足動物門 軟甲綱 等脚目 コツブムシ科 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

種類不明。どのくらいまで大きくなるかはわからないが、浦安で見かけるイソコツブムシ類の中ではかなり大きい方だと思う(写真の個体は体長約7.5mm)。

気が付いたら自宅水槽の底をノソノソとはっていた。おそらく三番瀬で採集した海藻か何かにくっついてやってきたのだろう。イソコツブムシというと水中をスイスイ泳ぐイメージがあるのだが、この個体が泳ぐシーンは今のところ見ていない。

体は灰褐色で背面はウロコで覆われており、ウロコには木目のような模様が見られる。また各胸節背面の後縁が淡いオレンジ色に縁どられている。手触りは硬く防御力は高そうだ。

危険を感じるとダンゴムシのように球形に丸くなる(下の写真参照)。

 

以下に、『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』の、『コツブムシ』の解説を引用させていただく。

『軟甲綱 等脚目 コツブムシ科 Sphaeromidaeに属する種類の総称。一般に体長1cm内外で、長の長卵形。頭部、7胸節がはっきりしており、球状に丸まる。続く腹尾節には彫刻や突起など種ごとに著しい特徴が見られ、分類に役立つ。

潮間帯の石の下や海藻中にすむほか、海中の木材や凝灰岩などに穿孔する。ヨツバコツブムシ Sphaeroma retrolaevis、イソコツブムシ Gnorimosphaeroma rayi、ニホンコツブムシ Cymodoce japonica、シリケンウミセミ Dynoides dentisinus などがごく普通に見られる。また北海道沿岸におびただしく見られるシオムシ Tecticeps glaber は網にかかった魚を食害することがある。』だそうだ。

またイソコツブムシ属の種は海藻や漂着物、付着性物の隙間に生息しており、よく遊泳もするらしい。

(2020年3月)

(2023年12月)

頭部には4本の触角と、2つの大きな黒い眼があるのがわかる。背中全体はウロコに覆われており、ウロコには木目のような模様が見られる
よく見ると後端部の両側には、透明な羽根状のヒレのようなものが見える
写真のように、危険を感じるとダンゴムシのように丸くなる。知らない人にダンゴムシと言ったら騙せそうだ。目盛りは5mm
丸まっている姿を拡大。非常に綺麗に丸くなっている。体の構造の精巧さを感じさせる