フクロムシの一種①

特徴

(写真:2019年5月中旬採集。オスのイソガニの「ふんどし」の裏側に付着している黄色い袋状のものが、フクロムシの生殖器だ)

レア度:★★★★☆ 節足動物門 顎脚綱 根頭上目 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

フクロムシは「節足動物門 顎脚綱 根頭上目」に属する、他の甲殻類に寄生して生活をする生物。節足動物ではあるが、節足動物の特徴である体節と脚が退化しており、とても節足動物とは思えない外見をしているそうだ(分類的にはフジツボ類に近いらしい)。

浦安では写真のようにフクロムシに寄生された「イソガニ」を時々見かける(今のところ私はイソガニ以外に寄生しているのを見たことがない)。フクロムシはカニの体内に植物の根のような組織を張り巡らし、カニの栄養を吸い取りながら自身の生殖器を発達させる。このカニの卵のように見える袋状の物体が生殖器で(「エキステルナ」という)、この中にフクロムシの卵巣と卵がたっぷり詰まっているそうだ。またカニの体内に張り巡らされたフクロムシの本体?の方を「インテルナ」と呼ぶ。

さらにフクロムシは寄生したカニの神経系を操り、カニがフクロムシのエキステルナをまるで自分の卵のように保護するよう仕向ける。さらにオスのカニがフクロムシに寄生された場合、脱皮をするごとに体が徐々にメス化し(ハサミが小さくなったり、「ふんどし」が大きくなったり、行動がメス化したりするらしい)、メスが卵を抱えるようにフクロムシの世話するようになる。そしてフクロムシの卵が孵化するときには、それらを一生懸命海中に撒き散らすのだ。

またフクロムシに寄生されたカニは生殖能力を失い、生殖にエネルギーを使わない分、より長生きしてフクロムシの世話をし続けるそうだ。

実に恐ろしく、よく出来た生物だと思う。寄生されるのが人間じゃなくて本当に良かった。

そういえば寄生なのかわからないが、「ふんどし」の内側に小さなイガイ類がたくさん付着したカニも時々見かける。あれはどういう状態なのだろう?

(2020年3月)

黄色い袋状のものがフクロムシの生殖器(エキステルナ)だ

生物に詳しくない人が見たら、卵を抱えたカニだと思うだろう