ヒメコザラ

特徴

(写真:2020年11月下旬採集。殻高:1.3cm、貝殻の高さ:5mm。非常に小さな貝だ。同科の「コガモガイ」とよく似る。もしかしたらコガモガイかも…)

レア度:? 軟体動物門 腹足綱 カサガイ目 ユキノカサガイ/コガモガイ科 Patelloida属 学名:Patelloida heroldi 英名:? よく見られる季節:?

(同定に自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけると嬉しいです)

どれほどまで大きくなるかは分からないが、おそらくかなり小型の貝だと思う。

2020年11月下旬、浦安市内の河川の、河口から約2kmほど上流で発見。その場所はコンクリートの護岸に、大量のカキ殻と「シロスジフジツボ」が付着していて、加えて小型の巻貝である「タマキビ」がそれらを覆うように密集していた。

そこでふと水中を覗くと「コガモガイ」のすぐ近くに、今まで見た見たことない?カサガイ類を発見。「これは!?」と家に持ち帰り調べてみると「ヒメコザラ」かも?とい結論に行き着いた。

ただ「コガモガイ」と「ヒメコザラ」はよく似ており、両種は個体によって貝殻の模様や色彩に変化があるので、もしかしたら今回発見した貝も「コガモガイ」の色違いバージョンかもしれない(一応下に2種の比較画像を載せておいた)。

貝殻は楕円系で、やや縦長の「典型的なカサガイ類の形」をしている。また殻頂は中心より前方に寄っている。

貝殻表面の筋(「放射肋」)はあまり目立たず、触ると目の細かいヤスリのような手触りをしている(ただ貝殻前方と後方、そして縁辺にはやや目立つ放射肋がある)。

また貝殻の色は、褐色の部分と薄い緑色の部分に色分けされたようになっていて、薄い緑色の部分には褐色の細かな筋模様が入っており、迷彩柄のような感じだ。また貝殻の縁辺は濃い褐色で縁どられている(写真参照)。

貝殻の内側は、中心部が褐色で、その周りが灰白色、そして縁辺部は表面と同様に濃い褐色で縁どられている。私が浦安で発見した「コガモガイ」の貝殻の内側には、殻頂から縁辺へと放射状に伸びる、明瞭な太い白ジマが見られたが、今回採集した貝にはそれは見られなかった。(下の写真参照)

(2020年12月)

前方から撮影。殻高1.3cmに対し、貝殻の高さは5mmあり、背丈のある貝という印象
側面から撮影。貝殻表面の筋(「放射肋」)はあまり目立たず、触ると目の細かいヤスリのような手触りをしている(ただ貝殻前方と後方、そして縁辺にはやや目立つ放射肋がある)
前方から撮影。貝殻の色は、褐色の部分と薄い緑色の部分に色分けされたようになっていて、薄い緑色の部分には褐色の細かな筋模様が入っており、迷彩柄のような感じだ。また貝殻の縁辺は濃い褐色で縁どられている
貝殻裏面は、中心部が褐色で、その周りが灰白色、そして縁辺は表面と同様に濃い褐色で縁どられている
左:今回採集した「ヒメコザラ」と思われる貝 右:「コガモガイ」
左:今回採集した「ヒメコザラ」と思われる貝 右:「コガモガイ」