イタボヤの一種①

特徴

(写真:2019年4月下旬採集。石の大きさ約5cm×10cm。石の表面に付着している、オレンジの花びらのようなものがイタボヤ)

レア度:? 脊索動物門 ホヤ綱 マボヤ目 シロボヤ科 学名:? 英名? よく見られる季節:?

2019年4月上旬に潮の引い河口で生物採集をしていたら偶然見つけた。鮮やかなオレンジ色の小さな花が、たくさん咲いているような見た目をしている。見つけた当初は何の生物かわからなかったが、調べてみるとイタボヤというホヤの仲間らしい。

イタボヤとは『世界大百科辞典 第2版』にの解説を引用させてもらうと、『小さな個虫(こちゅう)がたくさん集まって平らな群体をつくり、石、海藻、貝殻などの表面を覆う。日本各地の沿岸でごくふつうに見られる。寒天質状の共同外皮の中に長さ1.2~3.5mmの個体がほぼ垂直にうずまっていて、表面はぬるぬるしている。色はさまざまで橙色、紫褐色、黒紫色などがあり、ときには部分的に緑色になっているものもある。個虫は楕円形で、2列または花びらのような形に並ぶ。』だそうだ。

つまり複数の個虫が集まって花のような群体を形成しており、花びら一枚一枚がひとつの個虫というわけだ。またホヤには「シロボヤ」のような「単体ホヤ」とイタボヤのような「群体ホヤ」の2タイプがあるそうだ。

とても美しいので採集して三番瀬水槽(マーレ水槽)に入れてみたが、他の生物に食われたのか、しばらくすると姿を消してしまった。

どなたか詳しい方がいましたら、情報を頂けると嬉しいです。

(2020年2月)

花びらのように見えるもの1つ1つが、コケムシの群体を形成する個虫(こちゅう)と呼ばれる動物だ