キセワタガイ

特徴

(写真:2019年5月採集。全長約3cm。なんと形容してよいのか分からない見た目をしている)

レア度:★★★☆☆ 軟体動物門 腹足綱 真後鰓目 頭楯亜綱目キセワタガイ科 Philine属 学名:Philine orientalis 英名:? よく見られる季節:5~9月?

【この生物の解説動画はこちらから】

どの程度まで大きくなるかはわからないが、全長3cmほどのものをよく見かける。初めてこいつを発見した時はその見た目から「なんじゃコイツは!!」と驚いた。ナマコ?でもない、貝?でもない、ウミウシ?でもなさそうだ。他人に本種を説明する時に、とても困る姿をしている(何と形容していいか分からない)。

キセワタガイは分類的に大まかなくくりでいうと、巻貝などと同じ「腹足綱(ふくそくこう)」の生物で、その中でもウミウシなどが含まれる「後鰓亜綱(こうさいあこう)」にグループ分けされている。さらにその中の「頭楯亜目(とうじゅんあもく)」という、頭部に盾のようなものを持つ生物の一種だそうだ

本種は体の後方の皮の中に薄い殻が埋まっており、これは昔、巻貝であった時の名残らしい。つまり「巻貝のくせに貝殻は持たず、ウミウシのような形態をしているが、頭部には盾があり、背中には巻貝だった頃の名残の殻が埋まっている生物」と私は理解している(無理やり)。

頭部の盾(頭楯)はヘラ状をしており、これを器用に動かして砂の中に潜る。また砂に浅く潜った状態で移動している場面も目撃した。

ファンシーな見た目に反して、「アサリ」などの二枚貝の稚貝を大量に食べるようだ。時に大発生してアサリ漁業に被害を与えることもあるらしい。

(2020年1月)

採集する

(写真:体を大きく曲げるキセワタガイ。右側が頭で、左側の黄色い部分の上の方に殻が埋まっている)

砂地に生息しており、砂に浅く潜っていることも多いので、タモ網で海底を引きずると砂と一緒に捕れることがたまにある。また動きは遅く、海底を観察していると砂がほんの少し盛り上がり、それが移動しているときがあるので、そこを掘り返すと見つかる。

横から見たキセワタガイ。なんと形容していいのか分からない姿かたちをしている。何となく某ロボットアニメの使徒が思い浮かんだ(第6使徒ね)