ベルグウミウシ

特徴

(写真:2020年3月中旬採集。全長約8mm。三番瀬で採集したイギス科の海藻にくっついていた)

レア度:★★★★★ 軟体動物門 腹足綱 嚢舌上目 ハダカモウミウシ科 アオモウミウシ属 学名:Stiliger berghi 英名:? よく見られる季節:?

【この生物の解説動画はこちらから】

最大でも数mm~1cmにしかならない非常に小さなウミウシ。何だかカッコイイ名前だ。2020年3月中旬の三番瀬で海藻のサンプルを集めていたら、赤いイギス科の紅藻にくっついていた。私が浦安でこのウミウシを見たのは、この時が初めてで、あまりの小ささに、海藻を採集したときにはその存在に気が付かなかった。

私はウミウシに全く詳しくなく、何という種類か見当もつかなかったので、ウミウシに詳しい知人とTwitterに助けを求めると、両者から「ベルグウミウシでは?」との回答を得た(ご協力ありがとうございました)。また東京湾奥の別の場所で生物採集している人の話では、同じ時期に「オゴノリ」にくっついているのを発見したらしい。今年はこのウミウシが多い年なのか、毎年いるけど今まで発見できなかったのかは不明である。

ベルグウミウシは海藻などにくっついて生活しており、体は半透明の褐色で、体全体には茶色いまだら模様があり、背中には特徴的な長い突起が7~9対ある。また触角にも茶色いシマ模様が入っている。背中の突起からミノウミウシの一種と思われがちだが違うそうだ。

ミクロな視点を持って生物採集に行くと、新たな生物がどんどん見つかる…。喜ばしいことだが、図鑑や動画の作成が追い付かない(笑)

(2020年3月)

腹側から撮影。腹側には模様はなくナメクジのようだ。目盛りは5mm
背中の突起をよく見るとは内部が茶色く、周囲は半透明の褐色をしている。目盛りは5mm
見ての通り、非常に小さい。目盛りは0.5mm