ヤドカリの子供①

特徴

(写真:2019年3月下旬採集。体長約3mm。まだ貝殻を背負っていない)

レア度:? 節足動物門 軟甲綱 十脚目 学名:?​ 英名:? よく見られる季節:?

2019年3月の夜間、三番瀬の海底を網で引いたら偶然捕れた。

種類不明だが、おそらく「ユビナガホンヤドカリ」の稚ヤドカリだと思う(もしかしたら「ホンヤドカリ」の可能性もあるかもしれない)。このあたり生息するヤドカリの大半は「ユビナガホンヤドカリ」で、さらにこの稚ヤドカリも右のハサミの方が大きいという「ユビナガホンヤドカリ」と同じ特徴を持っているためだ。

体は半透明で非常に脆そう。まだ貝殻も背負っていない。

(2020年4月)

よく見ると、右のハサミの方が大きいのがわかる