トウゴロウイワシ?

特徴

(写真:2019年7月上旬採集。全長約3cm。これはまだ幼魚と思われる)

レア度:★★★★☆ 脊索動物門 条鰭綱 トウゴロウイワシ目 トウゴロウイワシ科 ギンイソイワシ属 学名:Hypoatherina valenciennei​ 英名:? よく見られる季節:夏?

(同定に自信がありません。他の資料も参照してください。過去にトウゴロウイワシを採集した記録があること、また採集場所と見た目からトウゴロウイワシとしました。間違っていたら、教えていただけると嬉しいです)

※以下、本種を「トウゴロウイワシ」と仮定した解説です。

15cmほどまで成長する。イワシという名前が付いているが分類的には「ボラ」「ダツ」に近い魚だそうだ。

イワシと名の付く魚はウロコがはがれ易いものが多いが、本種のウロコは剥がれにくく、しっかりとしている。河口や汽水域にも侵入し、写真の魚を採集したのもの浦安市内の河口だった。浦安沿岸にいつもいる魚ではないようで、時々小規模な群れを見かける程度。

他のイワシ類と同じように、プランクトンなどを食べるそうだ。産卵期は6~8月頃らしい。

(2020年1月)

採集する

上の写真のトウゴロウイワシは水面をゆっくり泳いでいたので、狙いを定めてタモ網を一気に上から被せると採集することがきた。大きくなったトウゴロウイワシはサビキ釣りでよく釣れるらしいが、私はまだ釣ったことがない。