タチウオ

特徴

(写真:2019年11月中旬採集。全長約1m。「指4本クラス」のタチウオ。スケールは30cm定規)

レア度:★★★★★ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 タチウオ科 タチウオ属 学名:Trichiurus japonicus 英名:Largehead hairtail よく見られる季節:10~11月

最大で2mを超える。釣り人の間ではタチウオの大きさを、人間の手の指の本数で表すことも多い(例えばタチウオの体の幅が指3本ぐらいならば「指3本クラス」などと言う。写真のタチウオは指4本クラス)。これはタチウオがよく共食いをする魚であり、他のタチウオに尾を食いちぎられて、体が短くなったタチウオが頻繁に釣れるため、考え出されたタチウオの測定法ではないかと想像している。指5本クラスを超えるタチウオは「ドラゴン」と呼ばれ、釣り人の憧れだ。

その銀色に輝く魚体が「日本刀」を想像させるため「太刀魚」の名前が付いたという説や、水中で体を垂直に立てて泳ぐ姿から「立ち魚」の名前が付いたという説がある(ちなみに獲物を追いかけるときなど横向きに泳ぐときもある)。また魚群探知機に映らない(体を立てているからか?浮袋が小さいからか?)、タチウオの大群が現れてはサッとどこかへ行ってしまうことから「幽霊魚」などとも呼ばれる。

タチウオは沿岸の浅場から水深400mぐらいまでに生息し、一般的に日が明るいうちは深い場所で過ごし、暗くなると浅い場所へ移動するという生活パターンのようだ(季節や環境条件、タチウオの成長段階によってはこのパターンに当てはまらないこともある)。

大きな口と鋭いキバが示す通り、小魚やイカなど捕食する。文献によれば、生まれてから小さなうちはプランクトンや小型の甲殻類を捕食し、その後10~20㎝ぐらいになると魚を捕食するようになる。また先にも書いたがタチウオは共食いをよくし、大型のタチウオを捌いたらその中から50㎝のタチウオが出てきたという話もある。

産卵期は春~秋と長いが、地域や海水温によってバラつきがあり一定ではないらしい。

(2020年1月)

こちらの個体は2020年11月上旬に「コノシロ」の泳がせ釣りで採集したもの。全長約114cm、指5本クラスの大物だ
私の手は人よりゴツく指も太いので、もしかしたら指6本クラスに達していたかもしれない
タチウオの胸びれ。魚体の大きさの割にかなり小ぶりな胸びれが上向きについている
タチウオの背びれ
タチウオの体表。鈍い銀色に輝く。側線は体の下半分側を通る
タチウオの尾部分。この部分を他のタチウオに食いちぎられ、体が短くなったタチウオが釣れることがよくある
恐ろしい顔だ。歯の鋭さもすさまじく、うかつに触るとケガをする。飲み込んだ獲物を逃さないためだろうか、エラにも鋭いトゲがカエシのように並ぶ
この個体は大型のメスだった。腹の中には発達した卵巣があった(オレンジの内臓)。また腹の身にもよく脂が乗っている

採集する

(写真:タチウオの顔。下アゴの方が前に突き出ており、口には非常に鋭いキバが並ぶ)

個人が採集するなら釣りしかないと思う。タチウオ釣りは釣りの中でも人気が高く(特に関西での人気はすさまじい)、「キビナゴ」などの魚をエサにした浮き釣り、テンヤというオモリと大きな針がついた疑似餌に、魚の切り身などを巻いて釣るテンヤの引き釣り、生きた魚をエサにする泳がせ釣り、ルアー釣りと様々な釣り方が存在する。タチウオの歯は非常に鋭く簡単に釣り糸を切り裂いてしまうので、釣り糸の先端をワイヤーに変えたりすることもある。

タチウオフィーバーに沸いた2019年秋の東京湾奥…とうとう浦安の某有名ポイントでもタチウオが釣れ出したという情報を入手し、私も何度か通ってようやく釣ることができた。東京湾ではタチウオ釣りと言えば船に乗って釣るのが主流で、浦安で陸からタチウオが釣れるなんて今までは考えられなかったことらしい。近年の水温上昇によるものか、それとも偶発的なものなのかは分からないが、釣り人にとってはたまらない出来事であった。

私は釣り上げた時の興奮で、誤ってタチウオに指をガブっと思いっきり噛まれた。痛いのは当然で、タオルで抑えても30分ぐらい血が止まらなかった。みなさんもお気を付けを。

このサイズ感を見てほしい。これが浦安の岸から釣れる。私は魚と記念撮影する時のポリシーとして、魚を大きく見せるために魚を前に突き出して撮影することはしないようにしている(笑)

食べる

(写真:皮を炙ったタチウオの刺身)

お惣菜の材料やスーパーの鮮魚コーナーでも比較的よく目にする味の良い魚。脂の乗りが良く、甘みのある白身でどんな料理にも合うと思う。

自分で釣る前にも、刺身や塩焼きで何度か食べたことがあったが、自分で釣ってキチンと処理をした旬のタチウオは別次元の美味さだった。過去に食べた刺身ベスト10に入るレベルだ。

特に1日寝かせてから皮を炙った刺身は最高だった。炙ったことで硬いタチウオの皮も食べやすくなり、口に入れると皮の香ばしさと濃い甘み、旨味が口に広がる。きっと日本酒のぬる燗が合うだろう。「(刺身は)そんなに量は食べれないだろう」と、釣ったタチウオの半分を塩焼きと干物にしてしまったことを後悔したほどだ。

次の秋が待ち遠しい。