シログチ(イシモチ)

特徴

(写真:2015年9月下旬採集。全長約8cm。シログチ(イシモチ)の幼魚。三番瀬でワーム(ルアーの一種)をエサにして適当に釣りをしていたら釣れた)

レア度:★★★★☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ニベ科 シログチ属 学名:Pennahia argentata 英名:Silver croaker よく見られる季節:5~8月

最大で40cmほどまで成長する。「シログチ」と言われてもピンと来ないが、「イシモチ」と聞くと「あぁ!あの魚か!」となる人も多いのではないだろうか。実はシログチの方が正式名称で、イシモチは通称である(昔はイシモチが正式名称だった)。

釣り上げると鰾(うきぶくろ)を使ってグウグウ鳴き、これが愚痴をいっているようなので「シロ愚痴」の名前が付いた。またイシモチという呼び名については、シログチは「耳石(じせき)」という魚の頭の中にある石のようなもの(体のバランスを取るための器官)が、他の魚に比べて大きいので「石持ち」の名前が付いそうだ(耳石自体はほとんどの魚が持っており、木の年輪のように大きくなっていくことから、魚の年齢を調べたりするのに利用される)。

浦安エリアでは夏に投げ釣りをしていると、時々釣れるらしい。私は2015年9月下旬に写真の小さなシログチを1匹釣ったことがあるだけだ(しかもルアーで)。主に海底が砂地の場所で群れで生活しているようで、1匹釣れるとバタバタ釣れることも多い。

食性は肉食性で、小魚、ゴカイ類、エビやカニなどの甲殻類、小型のイカなどを捕食する。産卵期は5~8月頃。

(2020年1月)

採集する

(写真:2016年6月下旬採集。全長約30cm。この魚は江東区にある「若洲海浜公園」で釣ったもの)

私はタモ網では採集したことがない。基本的に海底付近にいる魚なので、ゴカイ類などをエサにした投げ釣りで狙うのが一般的。またシログチは夜行性で濁りを好むと言われており、雨後など海水が濁ったや曇り空の時を狙うと釣れやすいらしい。

釣りは少し細めのハリスを使ってエサが海底を漂うようにし、時々竿をシャクって動きをつけてやると食いが良い気がする。またジグヘット(オモリに針が付いたルアーの一種。通常はワームなどを刺して使用する)に生きたアオイソメを付けて海底付近を泳がせると良く釣れた。

個人的意見だが、初夏~夏場のシログチは短い距離を小規模な群れで回遊してるのではないかと思っている。というのも1匹釣れるとバタバタ釣れ、その後しばらく釣れなくなるというのを繰り返すので。

独特な顔をしているなぁと思う。この個体は背側の青緑色が美しい。エラ蓋縁辺や胸びれ、腹びれが黄色に色づく
ほぼ全身が光沢のある銀白色をしている。ウロコは大きくしっかりとしているが、やや剝がれやすい

食べる

(写真:2018年6月下旬撮影。釣ったシログチ(イシモチ)を1日寝かせてから、皮を炙って刺身にした)

高級カマボコの原料などに使用されるが、もちろんそのまま食べても美味い魚。シログチ(イシモチ)らしい個性的な味がする。

オススメの料理法の第一は塩焼き。皮と身にまるでマスの塩焼のような香ばしさと強い旨みがあり、口に入れるとジューシーな脂が溢れる。また新鮮な大型のシログチ(イシモチ)が手に入ったらぜひ、刺身に挑戦してもらいたい。釣った当日はあまり旨みがないので、最低1日は寝かせてから皮を炙って刺身にする。皮の強い旨みと香ばしさに加え、噛めば噛むほど湧いてくる旨味に箸が止まらない。冷酒が飲みたくなる味だ。