ニクハゼ

特徴

(写真:2017年6月採集。全長約5cm。ハゼの仲間では珍しく、中層を群れで泳ぐ)

レア度:★★★★☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ハゼ科 ウキゴリ属 学名:Chaenogobius heptacanthus 英名:? よく見られる季節:初夏?

7cmほどまで大きくなるらしい。内湾や汽水域に生息するハゼの仲間で、ハゼの仲間では珍しく中層を群れで泳ぐ(ハゼの仲間は海底で暮らすものが多い)。体は細長く、また口は目の後ろまで大きく裂け、上アゴより下アゴの方が前に出ている。

写真の魚は2017年6月に浦安市内河川の中流域で、数十匹のニクハゼが水中で静止するように群れていたのを採集したもの。

ニクハゼという名前の由来だが、ニクハゼの稚魚がまるで肉のように赤みの強いピンク色をしていることから「肉ハゼ」の名前が付いたらしい。そういえばこのニクハゼを採集したのと同じ河川の河口で、4月に赤っぽい1cmほどの稚魚が泳いでいるのを見たが、アレがそうなのか?

小さいうちは主にプランクトンを食べ、大きくなるとそれに加えて小型の底生動物や魚の仔魚(しぎょ。生まれたばかりの魚)も食べるようになるらしい。産卵期はある論文で2~5月(福岡県)という記述があった。

(2020年1月)

採集する

群れでじっとしており、そんなに逃げないので、そっと忍び寄り一気に網を被せると簡単に捕れた。ただ体が傷ついたり、衝撃が加わるとすぐ弱ってしまうので、飼育前提の場合は丁寧に扱いたい。

飼育する

中層を群れで泳ぐ魚なので、水槽に入れるととても映える。比較的すぐに配合飼料(フレークタイプ)も食べるようになったので順調に飼育できるかと思ったが、しばらくすると1匹、2匹と死んでいってしまった。中には小さなエビに捕らえられ食われてしまったものも…。

おそらく気の弱い魚なので、知らぬうちに混泳している生物に攻撃を受けていたのだと思われる。また三番瀬水槽は比重が海水に近く、硝酸塩濃度も高いので、そのあたりがニクハゼに合わなかったのかもしれない(根拠はないが)。