クサフグ

特徴

(写真:2021年3月下旬撮影。全長約13cm。三番瀬で水中に仕掛けたエサ(アミコマセ)を食べに来たクサフグ)

レア度:★★★☆☆ 脊索動物門 条鰭綱 フグ目 フグ科 トラフグ属 学名:Takifugu niphobles 英名:? よく見られる季節:4~10月?

20cmほどまで大きくなる。日本全国の沿岸でよく見られるフグの1つで汽水域にも生息することができる。背中の緑色が草を思わせることから、「草フグ」の名前が付いたそうだ。また胸ビレのすぐ上と、背ビレの付け根に黒い大きな点があることも本種の特徴。

フグなのでもちろん猛毒のテトロドトキシンを体内に持っている。筋肉は弱毒で、皮と内蔵の毒性が非常に強い。浦安でハゼ釣りや投げ釣りをしていると釣れることがあるので、釣れても一般人は決して食べないように(一応食用のフグであり、資格を持ったふぐ調理師が捌いたものなら食べることができる)。爪切りのような歯で釣り糸を噛み切っていくので、釣り人からはかなり嫌われている。

繁殖生態が独特で、5~8月の新月か満月の満潮の2時間ほど前になると、大量のクサフグが浜辺に乗り上げるようにやってきて一斉に産卵・放精する(文章では伝わりにくいので検索してみてください)。

また砂に潜る習性がある(クサフグ以外にも砂に潜るフグはいるが)。

(2021年3月)

2019年4月上旬撮影。全長約12cm。水中に仕掛けたサバの切り身を食べに来たクサフグ

オキアミを食べるクサフグ。非常に貪欲な魚で、すぐにエサを食べ尽くされてしまう。クサフグがたくさんいると釣りにならないのは釣り人の間では共通認識

採集する

(写真:2016年10月採集。全長約8cm。浦安市内河川にて。ハゼ釣りの外道で釣れた)

ある程度大きくなったものは泳ぎも早いので、タモ網より釣りで狙った方が効率が良いかもしれない。狙って釣ったことはないが、浦安では「シロギス」狙いの投げ釣りや、ハゼ釣りの外道で何度か釣った経験がある。口が小さいので、小さな針にアオイソメやジャリメなどのゴカイ類を短めにつけて釣ると良いと思う。