クロソイ

特徴

(写真:2019年10月中旬採集。全長約25cm。死後硬直前に撮影。スケールは30cm定規)

レア度:★★★★★ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 メバル科 メバル属 学名:Sebastes schlegeli 英名:Black rockfish よく見られる季節:?

(同定にちょっと自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけるとうれしいです)

40cmほどまで成長する。代表的な「根魚(ねざかな)」(岩礁域に暮らす「アイナメ」「カサゴ」「メバル」などの魚を根魚と呼ぶ)の1つだが、まさか浦安で釣れるとは思わなかった。しかも25cmの良型である。「カサゴ」「メバル」は何度か釣ったことがあるが、現在の浦安には根魚が少ないというのが釣人の定説?で、まさかこんな大きなクロソイがいたとは…。

本種は「マゾイ」や「ムラソイ」によく似るが、クロソイは体色が黒っぽいこと、目の斜め下(上唇の斜め上)に下向きに生えた涙骨が3本あることで見分けることができる(ちょっと自信がないが、写真の魚は涙骨が3本あるように見えたのでクロソイとした)。

クロソイは12~1月頃に交尾を行い、6~7月頃に浅場で仔魚(しぎょ。生まれたばかりの魚のこと)を出産する(クロソイは「カサゴ」などと同じ「卵胎性(らんたいせい)」で、メスのお腹の中で孵化した仔魚を出産する)。

食性は肉食性で、小型の魚やエビ、カニなどの甲殻類、ゴカイ類などを捕食する。

(2020年5月)

死後硬直前に撮影。体は薄い褐色をベースに、黒いまだら模様が体全体に広がっている。また頭部には黒く太いシマ模様も見られる
背中側の方が黒いまだら模様の密度が高い。ウロコは細かいがしっかりとしており、はがれにくい

採集する

(写真:目の斜め下(上唇の斜め上)に下向きに生えた涙骨が3本あるように見える(ちょっと自信がない))

釣り以外の採集方法が思いつかない。

釣り方としては穴釣り、投げ釣り、岸壁際を狙うヘチ釣りなどが挙げられ、近年はルアー釣りの対象としても人気がある。岩など障害物の多い場所を狙うのがポイント。ちなみに私はアオイソメをエサにした穴釣りで捕獲した。

食べる

私はクロソイを一度しか釣ったことがないので、味について多くは語れないが、10月中旬に浦安で釣ったクロソイの刺身は絶品だった(身は1日寝かせた)。

皮を剥いだ時に身に残る薄皮が黒っぽく、見た目はあまり良くないのだが、ほどよい歯ごたえと強い旨みがある白身で箸が止まらなかった。刺身以外に、煮付けや味噌汁にしても美味いようだ。