クロサギ属の一種①

特徴

(写真:2019年9月下旬撮影。全長約5cm。クロサギ属の一種の幼魚の群れ。この写真からではクロサギ属の何という種類かまでは判別できなかった)

レア度:? 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 クロサギ科 クロサギ属 学名:? 英名:? よく見られる季節:8~10月

種類不明。2019年9月下旬、三番瀬の浅瀬に水中カメラを仕掛けたところ、その姿を捉えることができた。撮影した当初は「クロサギ」だと思い込んでいたが、その後「クロサギ」非常によく似た「ダイミョウサギ」や「セダカダイミョウサギ」という魚がいることを知り、この画像からではそれらのうちどれなのかが分からなかったため、今回は「クロサギ属の一種①」として紹介することにした。

仮に「クロサギ」だとすると、最大で全長25cmほどになる。今まで何故「クロサギ」という名前なのかがよく分からなかったが、調べてみると、エサ食べるとき口が下方に大きく伸びる姿が、鳥のサギをイメージさせることからサギの名が付いたそうな(その由来が本当に正しいかは不明だが)。

体は全身銀色で、クロサギ属の特徴である背びれの黒い模様が水中でもよく目立つ。2019年の夏はこのようなクロサギ属の幼魚が浅瀬を泳いでいるのを非常によく見かけた。スーっと泳いではピタッと止まる泳ぎが特徴的だ。警戒心はなかなか高く、人影が近づくとすぐに逃げる。

(2020年5月)

採集する

(写真:2019年8月中旬採集。全長約1.5cm。「クロサギの属の一種の稚魚」と思われる)

上の写真の魚の稚魚かは不明だが、同時期に同じような場所で採集した、クロサギ属の一種と思われる稚魚。クロサギ属は似ている魚が多く、成魚でも見分けが難しいのに、稚魚だともっと難しい。完全にお手上げである。

初めに紹介した5cm程度の幼魚は泳ぎが素早く、人影に敏感に反応するため、タモ網での採集はなかなか難しい。だが、この写真のような小さな稚魚は泳ぎもそれほど速くないので、一気に上からタモ網を被せる方法で採集することができた。