クロサバフグ

特徴

(写真:2019年9月下旬採集。全長約12cm。青物狙いのルアー釣りでたまたま釣れた)

レア度:★★★★★ 脊索動物門 条鰭綱 フグ目 フグ科 サバフグ属 学名:Lagocephalus gloveri 英名:Dark rough-backed puffer よく見られる季節:?

(同定にちょっと自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけると嬉しいです)

最大で35cmほどまで成長する。2019年9月下旬に高洲で「イナダ」狙いのルアー釣りをしていたら、かなり沖の方(岸から100mぐらい)でヒットした。もともとサバフグの仲間は沖合性が強いそうだ。

味の良いフグらしいが、全身に毒がある「ドクサバフグ」と非常によく似ているため、廃棄されることの多い不遇なブグ。ちなみにクロサバフグの筋肉、皮、精巣は無毒で食べられるそうだが、南シナ海のクロサバフグは筋肉、卵巣、肝臓が有毒という報告があるので注意が必要だ。

ドクサバフグとの見分けは背中に密集して生える小さなトゲを見て判断する。ドクサバフグのトゲは頭の上から背びれの付け根あたりまで生えているが、クロサバフグのトゲは頭の上から胸びれの上ぐらいまでで、トゲの生えている範囲がドクサバフグより狭い。またドクサバフグの方が体高が高く、また尾びれの切れ込みが深い。

さらにクロサバフグは日本で最も漁獲量の多いフグの一つである「シロサバフグ」ともよく似ているが、これとの見分けは尾びれを見るとわかりやすい。クロサバフグの尾びれの上下の先端がはっきりと白くなっているのに対し、シロサバフグにはそれがない。またシロサバフグのトゲは頭の上から背びれの前あたりまで生えているが、クロサバフグのトゲは頭の上から胸びれの上ぐらいまでで、トゲの生えている範囲がシロサバフグより狭い。

…と一応見分け方を書いたが、私はクロサバフグ以外実物を見たことがないし、フグに限らず魚は個体によって体色や形態が変化していたりする場合もある。さらに近年では異なった種のフグが交雑することによって生まれる「雑種フグ」の存在という問題もあるので、決して素人判断でフグを扱わない方がいい。

ちなみにクロサバフグの食性は肉食性で、魚類や甲殻類、頭足類(タコ、イカ)などを食べるそうだ。

(2020年5月)

背中に小さなトゲが密集して生えている。クロサバフグの場合、このトゲは頭の上から胸びれの上あたりまでしか生えない
尾びれの上下先端がはっきりと白くなっている