ヒメハゼ

特徴

(写真:2020年3月中旬採集。全長約5cm)

レア度:★★★☆☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ハゼ科 ヒメハゼ属 学名:Favonigobius gymnauchen​ 英名:? よく見られる季節:5~8月

10cmほどまで大きくなる。初夏~夏の三番瀬を泳いでいると非常によく見かける。砂に浅く潜って隠れていることも多い。カレイ類のように周囲の環境に合わせて体の模様を変えられるようだ。

「マハゼ」に似るが、ヒメハゼのほうが潰れたような頭をしており、また上アゴより下アゴの方が前に出ている。体型はマハゼよりスマートで体には砂粒のような模様があり、ひれの付け根にも斑点模様がある。ヒメハゼの名前の通り美しく、女性をイメージさせるような見た目だ。

食性は動物食性で、プランクトンやゴカイ類、小型の甲殻類などを食べる。繁殖期は5~9月頃で、オスは繁殖期になると頬のあたりが真っ黒になり、背びれの筋(軟条(なんじょう))が1本長く伸びる(下の写真参照)。また二枚貝の片殻に卵を産み付けるそうだ。

(2020年1月)

「マハゼ」に似るが、ヒメハゼのほうが潰れたような頭をしており、また上アゴより下アゴの方が前に出ている

採集する

(写真:2019年8月中旬採集。全長約9cm。婚姻色が現れたオスのヒメハゼ。頬から口にかけてが黒くなっている)

動きが素早く、人をなかなか近づけてくれないので、狙って採集するのは少し難しいかもしれない。底引き網漁の要領で、海底をタモ網引きずっていると捕れることもある。

砂に潜っているヒメハゼは何故か近づいてもあまり逃げないので、網を被せるとあっけなく捕れたりする。あとはを小さな針を使って(口が小さいので)「シロギス」釣りのような釣り方をすると釣れそうな気がする(試したことはないが)。

婚姻色が現れたオスのヒメハゼ。頬から口にかけてが黒くなっている。目盛りは5mm
体の後半部。目盛りは5mm

飼育する

(写真:2018年6月中旬採集。全長約6cm)

過去に2~3度、三番瀬水槽で飼ったことがあるが、しばらくすると(1ヶ月以内)姿を消してしまうことが多かった。水槽内では一見落ち着いた様子で過ごしているように見えるのだが、他の生物が常に近くにいる環境は、ヒメハゼには合わないのかもしれない。

(追記:2020年6月3日)2020年3月中旬に採集した全長5cmほどヒメハゼを1週間ほどだが自宅水槽で飼ってみた。水槽内ではじっとしていることが多く、おとなしい魚という印象。気の強い生物が水槽内にいたらストレスを受け易いかもしれない。

餌付きは比較的良く、水槽に入れた翌日から冷凍のブラインシュリンプや釜揚げ桜えびをすり潰したものを口にした。やはり砂がある場所の方が落ち着くのだろうか、水槽内の砂を敷いたスペースにいることも多かった(他の場所でもじっとしていたが)。

(追記:2022年2月13日)たまたま三番瀬で採集した全長4cmほどの幼魚を自宅水槽3号で飼っている。水温は約16℃、ヒメハゼ以外には魚類はいない。そんな環境もあってか、餌付きはかなり良い。水槽に入れて2日後には粒タイプの配合飼料を食べ始めた(メガバイトレッドとおとひめ)。食欲も旺盛で行動もかなり貪欲な感じ。水槽のフタを開けたり、エサを与えるそぶりを見せると、こちらに近づいてきて「エサか!?エサどこ!?」みたいな感じになる。