ギンポ

特徴

(写真:2022年4月上旬採集。全長約7cm。このような黄色っぽい体色の個体が見つかることが多い)

レア度:★★☆☆☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ニシキギンポ科 ニシキギンポ属 学名:Pholis nebulosa 英名:Tidepool gunnel よく見られる季節:4~?月

最大で30cmほどになる。「~ギンポ」という名前の魚はたくさんいるが、本種の名前はそのまま「ギンポ」である。「ギンポは天ぷらの高級食材」という話を聞いたことがある人は多いかもしれないが、実際の魚を見たり食べたりしたことがある人は少ないのではないだろうか。

浦安では4~6月頃に三番瀬や河口でよく見かけ、垂直護岸に生えたアオサ類の中に隠れていたり、海底に沈んだ「オゴノリ」などの海藻のかたまりの中から見つかることが多い。小さいうちは群れで過ごすのか、1つの海藻のかたまりの中に5、6匹隠れていることもよくある。

採集できるサイズは全長5~15cmぐらいのものばかりで、なかなか食べれるほど大型のものには出会わない。ただ過去に、晩秋の三番瀬で大きな石をひっくり返したら、その下に2匹の大きなギンポ(もしかしたら違う種類かもしれない)が寄り添って隠れていたことがあった。つがいで暮らしたりするのだろうか?

体は細長く、著しく側偏している。体の前半部では胸びれ以外のひれは目立たず、体の後半で長い背びれと尻びれ、扇状の尾びれ確認できる。浦安で見つかる個体は体色が黄色っぽいものが多いが、下の写真のように暗緑色や褐色っぽい個体も見つかる。ただこれらの体色や模様は、魚の状態によって変化するようだ。

細長い体でニョロニョロ泳ぐ姿ため、一般の方から「ウナギ(アナゴ)の子供ですか?」と聞かれることが多々ある

産卵期は秋から春で石の下にメスが産卵した卵塊を、オスが体を巻き付けて守る習性がある。

食性はよく分からないが、写真のような小型個体は、飼育下では微小なプランクトン(巻貝の幼生)やゴカイ類の切れ端、スジエビ類が腹に抱えた卵に反応を示した。

(2022年4月)

頭部を拡大。目の上下左右に細かい点が集まってできたシマ模様見られる(この個体はちょっと薄くなっているが)。目盛りは5mm
体の中間部。まだ体が小さく薄いため背骨や銀色の腹膜が透けて見える。目盛りは5mm
体の後半部。長い背びれと尻びれ、扇状の尾びれ確認できる
全長約5cm。黄色っぽい個体が多いが、写真のように暗緑色の個体も見つかる
全長約6cm。こちらは褐色が強い個体

採集する

(写真:このように海藻などに身を寄せていることが多い)

春~初夏に見られる小型のものは、垂直護岸に生えたアオサ類の中や、海底に沈んだ海藻のかたまりなどに隠れているので、それを網ですくえば簡単に採集できる。また漁網などの人工物も住処にしているようだ。

ただ15cmを超えるような大型のものはあまり見ない(探し方が根本的に違うのかも)。よくゴロタ場で穴釣りをすると釣れるそうだが、浦安でも大型はそのような場所に潜んでいるのだろうか?

飼育する

(写真:2022年4月上旬撮影。全長約7cm。水面付近にいる微小なプランクトンを捕食しているときの様子)

5~10cmほどのギンポは水槽内だととにかくエサを食べない。冷凍のブラインシュリンプも釜揚げ桜えびもクリルも、何を試してもダメだった。そして2~3ヶ月生存したあとに姿を消してしまう(死骸はカニやヤドカリに処理されるのだろう)。2~3ヶ月生存するということは何かを食べているはずだが、結局それが何かは分からなかった。他の生物と混泳させるのではなく、単独で飼育するとまた違った結果になるのかもしれない。

(追記:2022年4月10日)「ギンポにストレスが少ない環境だと、どのような行動をとるのだろう?」ということで、2022年4月上旬に三番瀬で採集した全長約7mmの個体を自宅水槽3号で飼育してみた。水槽に入れた当時は警戒心からか、水底の物陰にいることが多かったが、飼育を開始して1週間ほどすると、体を上に向けて水中を泳ぐ姿をよく目にするようになった。

「一体何をしているんだろう?」とそのまま注意深く観察していると、水面付近にいた0.1mmに満たない小さな白い粒を、つつくようにして食べた!! 飼育下でギンポが何か食べたのを見たのは、この時が初めてである(ちなみにこの時水温約22℃)。

実はこの時自宅水槽3号には、巻貝の「アラムシロ」が産み付けた卵(卵嚢)が大量にあった。ちゃんと確認していないので推測になるが、この時ギンポは、その卵から産まれた幼生を食べていたのではと考えている。他にも水槽内にはヨコエビ類やドロクダムシ類、シオダマリミジンコの一種もいたため、それらも食べていた可能性もある。

その後試しに、粉末状の稚魚用のエサを水面に浮かべてみたが、それを食べる様子はなかった。うーん、やはり生き餌かぁ…。あとは生きたゴカイ類の切れ端と、「ユビナガスジエビ」が腹に抱えていた卵に反応を見せていたが、食べるシーンは目撃できなかった。

(追記:2022年4月16日)自宅水槽3号で飼っているギンポが、とうとう配合飼料(おとひめ EP1)を口にした!! が、粒が大きすぎたのか、味が気に入らなかったのか、すぐに吐き出してしまった。もっと細かいタイプの配合飼料ならいけるかもしれないなぁ。

抱卵した「ユビナガスジエビ」を追いかけ、つつくギンポ。卵を狙っているのだろうか?