アカオビシマハゼ

特徴

(写真:2020年9月中旬採集。全長約7cm。体側に走る2本の黒いラインが特徴的。興奮したり警戒したりすると体全体がすぐ真っ黒になる。)

レア度:★★★☆☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ハゼ科 チチブ属 学名:Tridentiger trigonocephalus 英名:Chameleon goby よく見られる季節:4~10月?

8cmほどまで成長する。頭から尾びれの付け根まで走る4本の黒いシマ模様と、頬あたりの白い斑点が特徴だが、アカオビシマハゼは興奮したり、警戒するとすぐに体色が黒く変化する。そのため捕まえた瞬間は「チチブ」などと間違えてしまうこともある。ちなみにこのシマ模様は魚類学的には縦ジマとなる。

また浦安を含む東京湾奥には、本種に非常によく似た「シモフリシマハゼ」という魚がおり、それとの違いだが、アカオビシマハゼの喉の部分に白点模様がなく、またアカオビシマハゼの成体の尻びれには赤い横ライン2本走る。またアカオビシマハゼの胸びれの軟条(なんじょう)の一番上が遊離している(これはわかりにくい)。なので捕まえてじっくり観察みないと両種を判別するのは難しい。

アカオビシマハゼは内湾の砂地に岩などの障害物が点在するような場所や、塩分濃度の高い河口などに生息するそうで、私も秋口の三番瀬で4~7cmほどのアカオビシマハゼと思われる魚を多数発見したことがある。

食性は雑食性で、ゴカイ類などの底生動物や藻類などを食べる。寿命は基本的には1年。繁殖期は春から夏で、カキの貝殻の内側などに産卵し、オスが卵を保護する。また水の汚れに非常に強い魚としても知られている。

ハゼ釣りの外道として「チチブ」などとともに、「ダボハゼ」と呼ばれる魚の1つ。

(2021年1月)

2021年1月撮影。全長約7cm。よくみると喉の部分には白い斑点がないのがわかる
成体の尻びれには赤い横ラインが2本走る

採集する

(写真:2020年9月中旬採集。全長約4.5cm。海中に沈んでいた漁網の塊をタモ網ですくったら、偶然一緒に採れた)

障害物の側で暮らし、なかなかすばしっこいので、タモ網での捕獲は難易度高め。

本種が隠れていそうな岩などの障害物をみつけたら、その際でタモ網を構え、足でかき込むように追い込んで捕獲するといいそうだ。またゴカイ類などのエサにパクッと食いつくので、穴釣りで狙うのもアリだと思う。また秋に三番瀬で水中カメラを仕掛けた際、一緒に設置した釣り用の撒き餌(アミ姫)に寄ってきたので、そういうものをエサにしても良いのかもしれない。

飼育する

(写真:体を真っ黒に変化させたアカオビシマハゼ)

2020年9月中旬に採集した4~5cmのアカオビシマハゼを、一時自宅水槽で飼育していた。白い魚体に目立つ黒いシマ模様はなかなか水槽映えすると思う。

「環境の変化、水質の悪化に強い魚」と言われるだけあって非常に飼いやすく、今のところトラブルはない。水槽に入れた2日後からは粒タイプの配合飼料(おとひめ)も他の生物を押しのけてバクバク食べるようになった。

基本的にはパイプの中や石の影に隠れているが、エサをやると水面まで泳いでくるほど貪欲。また縄張り意識が高いのか、自分が入っているパイプに他の魚が近づくと追い払おうとする(小型のカニは一緒にパイプの中にいても大丈夫だったが)。あと同じ水槽内には体長が2cmほどの「ユビナガスジエビ」もいるのだが、アカオビシマハゼは「ユビナガスジエビ」に対しては特に当たりが激しかった。これはエビをエサとして認識しているのか、はたまた違う理由なのか…。

そのため同居している「アミメハギ」はエサを奪われることが多く、かなり迷惑そうだった。なので1ヶ月ほど自宅で飼育した後、三番瀬水槽(マーレ水槽)に引越しさせた。2021年1月現在、6~7cmほどまで成長し元気にやっている。