アイナメ

特徴

(写真:2022年4月下旬、三番瀬で採集。全長約6cm。これはまだ子供サイズのアイナメ。体色や模様がよく変化する)

レア度:★★★★☆ 脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 アイナメ科 アイナメ属 学名:Hexagrammos otakii​ 英名:Gleen ling よく見られる季節:?

最大で70cmほどまで成長するらしいが、そのようなアイナメは滅多に見ない。40~50cmで十分大物である。アイナメの姿を見たことがなくても、お寿司や刺身で食べたことある人は多いかもしれない。

アイナメは磯などの岩礁域に生息する白身の高級魚というイメージだが、テトラポットや堤防など人工物もよく住処にする。私は今までアイナメ(の幼魚)を2回採集したが、どちらも春の三番瀬で、波打ち際の海底を網で引いていたら、海藻のかたまりと一緒に偶然採れたものだ。

アイナメによく似た魚として「クジメ」が挙げられるが、「クジメ」との違いは側線の本数と尾びれの形を見るとよくわかる。「クジメ」の側線が1本なのに対し、アイナメの側線は5本(2本以上という意見もある)。そして「クジメ」の尾びれは後縁が丸く扇形をしているが、アイナメの尾びれの後縁は浅い「くの字」になっている(下の写真参照)。

あと個人的にはアイナメの方が口~胴、尾びれまでの体の各パーツのバランスが良い気がする(「クジメ」は頭が小さく胴が太いような…)。それとアイナメの体の模様は迷彩柄っぽいのに対して、「クジメ」の模様は細かく地味な感じがする。

アイナメは雑食性で小型の甲殻類やゴカイ類、小魚、小型のイカなどを食べるようだ。繁殖期は晩秋~冬。オスが縄張りを持ち、メスを求愛し、岩のくぼみなどに産卵させオスがそれを守る。またオスは繁殖期になると鮮やかな黄色の体色になる。

(2022年4月)

唇が厚く、「アイナメの顔」って感じ
この個体の体側には側線が3本見える。この側線の本数が、よく似た魚の「クジメ」と見分けのポイントとなる。また背びれの中間に大きな黒点が見られる
アイナメの尾びれの後縁は浅い「くの字」になっている
自宅に持ち帰り、初めは隔離水槽で飼っていたのだが、その環境がストレスそうだったので、隔離水槽の外に出すと、写真のような成魚に似た体色に落ち着いた
頭部を拡大。可愛らしい顔しているが、性格は貪欲
この体色になってから、改めて側線の本数を確認してみたが、私には3本しかわからなかった
小さなうちは、尾びれは黄色みがかった色をしているようだ

採集する

(写真:上の写真の個体の捕まえたときの様子。興奮のためか体色が黒ずんでいた)

私の知る限り、現在の浦安では滅多に見かけない。年配の釣り人も口を揃えて「昔はよく釣れたけど、最近はほとんど見ない」と言う。私も過去、2019年3月下旬に、三番瀬の波打ち際をタモ網で適当に引いていたら偶然捕れたのと、2022年4月下旬にも同じ場所でもう一度の2回採集できただけだ。

しかし「青潮」が発生すると、酸欠で浅瀬に追い詰められた20~40cmほどのアイナメを何匹も見かけるので、私が知らないだけでアイナメたちが暮らすスポットが近くにあるのかもしれない。

採集方法はタモ網ですくう、テトラポットでの穴釣り、投げ釣りなど。障害物があるところを狙うのがポイントだ。タモ網の場合は海藻のが固まっているような場所狙うといいかもしれない。

飼育する

(写真:2019年7月上旬撮影。全長約7cm。こちらは2019年3月下旬に三番瀬で初採集したアイナメの幼魚。水槽に慣れ落ち着くと、成魚と似たような体色と模様になった)

今まで1匹しか飼育したことないのであまり多くは語れないが、環境の変化に強く、比較的飼い易い魚という印象。

餌付きも良いが、配合飼料に慣れるまでは少し時間がかかった。私の場合は、まず隔離水槽に入れて冷凍のブラインシュリンプや釜揚げ桜えびを与え、その後配合飼料に慣らしていった。

その後隔離水槽から出して他の生物と混泳させると、初めはおとなしくしていたのだが、環境に慣れるに従いその本性が明らかに。臆病で物陰に隠れていることがほとんどだが、貪欲にエサを食らい、体が大きくなると他の生物を攻撃するようになった(縄張りを持つ魚なので仕方ないかも)。

さらに困ったのが、掃除用に飼育していた「ユビナガホンヤドカリ」を貝殻から引っ張り出してどんどん食べてしまう。これはいかんということで、10cmほどに成長したところで元いた場所に逃がした。

(追記:2022年4月29日)2022年4月下旬に採集した個体を飼育中。非常に貪欲で、人のこともほとんど恐れず、自宅水槽に入れたその日からエサ(クリル)を食べだすほど。飼って大きくしたい気持ちもあるが、他の生物に被害が出そうな雰囲気満々である。

2019年3月下旬採集。全長約6cm。上の写真と同じ個体だが、捕まえたときは興奮のためか見た目が全く違い、アイナメとはわからなかった