ウロコムシの一種④

特徴

(写真:2022年4月上旬、三番瀬の南東の干潟で発見。全長約15mm。生きた状態で撮影。体の中央が黒くなっており目立つ。目盛りは0.5mm)

レア度:★★★☆☆ 環形動物門 多毛綱 サシバゴカイ目 ウロコムシ科 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

種類不明。2022年4月上旬に三番瀬の南東の干潟(底質は細かい砂で、踏みしめるとやや柔らかい)でルアー釣りをしていたら、ルアーに引っかかった海藻(「オゴノリ」)にくっついていた。そんなに多くはないがこのタイプのウロコムシは例年この時期にポツポツと見つかるイメージがある。

背面は丸いウロコに覆われており、ウロコは薄いオリーブ色をしており、黒いまだら模様が見られる。またウロコに色が付いているためか、胴体に色が付いているためかよく分からないが、体の中央が黒くなっており、遠目でも良く目立つ。

ウロコムシとは『ブリカニタ国際百科事典』によると『環形動物門 多毛綱 遊在目 ウロコムシ科に属する動物の総称。体長3~5cm。体は背腹に扁平で、背面の両側には鱗が対をなして (12、15、18、40~50対など) 並んでいる。鱗の表面は、平滑なもの、いろいろな形の突起物をもったものなどさまざまである。だいたい潮間帯の石の下などにすんでいるが、ヒトデ類やウミユリ類の体の表面について共生するものや、フサゴカイ (多毛類) の管の中で共生するものもある。日本に45種がすんでいる。』らしい。

つまり簡単に言うと、背中にウロコを持ったゴカイの仲間(ゴカイ類より体は短いことが多い)ということだろうか。背中側から見るとゴカイぽっくないが、腹側をはゴカイのような見た目をしている。

(2022年4月)

黒いラインが遠目でも良く目立つ。目盛りは0.5mm
体の裏側から撮影
拡大して見てみる。ウロコは円形で黒いまだら模様が見られる。また頭部には触角のようなものも見られる。目盛りは0.5mm
体の後端の方にピントを合わせてみた。目盛りは0.5mm
体の前半部を横から撮影