ウロコムシの一種②

特徴

(写真:2019年4月下旬採集。全長約4mm。三番瀬の海底の砂の中から発見した。このウロコムシは片側のウロコがはがれてしまっている)

レア度:? 環形動物門 多毛綱 サシバゴカイ目 ウロコムシ科 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

種類不明。2019年4月に三番瀬の海底の砂(貝殻のかけらが混じっている)の中から発見した。

ウロコムシとは『ブリカニタ国際百科事典』によると『環形動物門 多毛綱 遊在目 ウロコムシ科に属する動物の総称。体長3~5cm。体は背腹に扁平で、背面の両側には鱗が対をなして (12、15、18、40~50対など) 並んでいる。鱗の表面は、平滑なもの、いろいろな形の突起物をもったものなどさまざまである。だいたい潮間帯の石の下などにすんでいるが、ヒトデ類やウミユリ類の体の表面について共生するものや、フサゴカイ (多毛類) の管の中で共生するものもある。日本に45種がすんでいる。』らしい。

つまり簡単に言うと背中にウロコを持ったゴカイの仲間(ゴカイ類より体は短いことが多い)ということだ。背中側から見るとゴカイぽっくないが、腹側をはゴカイのような見た目をしている。

写真のウロコムシは褐色の半透明のウロコを7~8対前後持ち、頭部には太い触覚?が2本と、その先端に眼?のような黒い点が見られる。

(2020年2月)

腹側から見るとこんな感じ