スピオの一種①

特徴

(写真:2020年4月下旬採集。触角?(巣穴から2本伸びる透明のヒモ状のもの)の長さ約2.5mm。非常に細くて小さい。目を凝らさないとよく見えない)

レア度:? 環形動物門 多毛綱 スピオ目 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

(同定に自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけると嬉しいです)

【この生物の解説動画はこちらから】

※以下、本種を「スピオの一種①」と仮定した解説です。

4月下旬に河口で拾った「イボニシ」の貝殻(殻高2.5cm)の表面で発見した。

ある時、ふと自宅水槽に入れた「イボニシ」の貝殻を眺めていると、その表面に非常に細い何かがウネウネと動いていることに気づいた。しかも1つの貝殻に結構な数がウネウネしている。

「なんじゃこれは!!」ということで、100円ショップのスマホ用マクロレンズ(これけっこう使えます)で観察してみると、何かゴカイ類のようなものが、貝殻の表面の小さな穴(直径0.2~0.3mmほど)から2本の透明な触角のようなもの(正確にはヒゲで、「副触手鬚」と呼ぶそうです)を動かしていることわかった。

さらによく観察すると、ヒゲは半透明で2.5mmほどの長さがあり、ヒゲは透明をしているものが多いが、ヒゲに黒いシマ模様がある個体もいる(別種か?)。本体は中々穴から顔を出してくれないので、しっかりとは確認できていないが、姿はゴカイ類のようで、体色は薄い黄色~山吹色をしている。また貝殻に開いた(開けた?)穴にそのまま入っているのではなく、どうやら「カンザシゴカイ類」のようなトンネル状の巣穴を、貝殻の穴の内部にさらに作って、そこに入っているようだ(下の写真参照)。

ちなみに過去に、同様の生物を、海岸で拾った石の表面でも発見したことがある。

(2020年5月)

ヒゲ(「副触手鬚」)は透明で体に対してかなり長い
体は薄い黄色~山吹色をしている
この個体はヒゲがに黒いシマ模様があり、体色もオレンジがかった黄色をしている(別種か?)
よく見ると貝殻に開けた穴にそのまま入っているのではなく、トンネル状の巣穴を、貝殻に開けた穴の内部にさらに作って、そこに入っているようだ