カンザシゴカイの一種①

特徴

(写真:2019年5月採集。鰓(「鰓冠(さいかん)」。花のような部分)の直径約10mm。白いグネグネした管状の巣穴を作り、その先端から鰓(「鰓冠(さいかん)」)を出して呼吸と、摂餌を行う。)

レア度:★☆☆☆☆ 環形動物門 多毛綱 ケヤリムシ目 カンザシゴカイ科 学名:? 英名:? よく見られる季節:?(いつでもいそうな気がするが…)

【この生物の解説動画はこちらから】

種類不明。どの程度まで大きくなるかは分からないが、今まで大きくても巣穴の直径が5mmほどのものまでしか見たことがない。海岸や河口の岩の表面やカキの貝殻などに付着しているのをよく目にする。

カンザシゴカイとは「多毛綱 カンザシゴカイ科」に属する動物の総称で、頭部の「鰓冠(さいかん。花のような部分)」が変形してできた1個のフタ(「殻蓋(からぶた)」という)を、「かんざし(簪)」に見立ててこの名前が付けられたそうだ(要するに「鰓冠」が髪の毛で、「殻蓋」がかんざしってことかな?)。カンザシゴカイの種類によって「殻蓋」の形状は異なるが、写真のカンザシゴカイの「殻蓋」は縦長の花瓶のような形(ガンダムに出てくる兵器「ファンネル」の形と言ってわかってくれる人はいるかな)をしている。

カンザシゴカイ類は石灰質を分泌して管状の巣(写真の白いグネグネした管)を作り、その中で死ぬまで生活する。普段は巣穴から「鰓冠」を出して、呼吸や摂餌をしているが、外敵が近づくと一瞬で巣の中に引っ込み、巣穴の入口をフタ(「殻蓋」)で閉じて隠れる。その割に水槽で飼育していると魚や他の生物に食われているのか、早期に水槽から姿を消してしまうことが多い。

浦安で見かけるカンザシゴカイ類には「鰓冠」が青緑色のもの、オレンジのもの、また白地に褐色のシマ模様があるものなど数タイプが見られるが、これらが同種なのか、それとも違う種類なのかは私にはわからない。

非常に美しい見た目をしており、水槽に入れて静かに観察すると面白い生物だと思う。

(2020年7月)

「鰓冠(さいかん。花のような部分)」がとても美しい。「鰓冠」の後ろに、縦長の花瓶のような形をした「殻蓋」があるのが見える(ちょっとピンぼけしてるが)
こちらはオレンジ色の「鰓冠」をしている。これも同じ種類だろうか?
カンザシゴカイ類の巣穴(「棲管」)。このように密集して岩やカキ殻などに付着していることも多い
この個体の「鰓冠」と「殻蓋」は白をベースに濃い褐色のシマ模様が見られる。また「殻蓋」はワイングラスのような形をしており、その天井部は褐色の毛?のようなものが密集して生えている
この個体は「鰓冠」が白と黒褐色のシマ模様になっている。このタイプのカンザシゴカイは浦安で比較的よく見かける

飼育する

飼育…と言っていいのか分からないが、三番瀬水槽では今までに何度かカンザシゴカイ類を展示している。他生物による攻撃を受けなければ、特別な世話をしなくても2~3ヶ月、もしかしたら半年近くはそのまま生存している。

私の経験では岩肌をかじるような魚(例えば「メジナ」「コショウダイ」)や口の細い魚(「アミメハギ」など)がいると、攻撃を受けて早々に姿を消してしまう。なので隔離水槽に入れてやるとかなり長生きする。エサは何を食べているのだろうか?  特別な世話はしていないが、水中に舞ったエサの欠片や他生物の排泄物などの有機物を食べているのだろうか?