ウオジラミの一種①

特徴

(写真:2019年6月採集。全長約3mm。気づいたらタコを釣るためのルアー「タコエギ」にくっついいた)

レア度:? 節足動物門 顎脚綱 シフォノストム目 ウオジラミ科 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

(同定にちょっと自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけると嬉しいです)

※以下、本種を「ウオジラミの一種①」と仮定した解説です。

種類不明。空前の「マダコ」フィーバーに沸いた2019年初夏、「タコエギ(タコ専用のルアー)」を投げてマダコを狙っていたら、いつの間にかタコエギにくっついていた。

ミニチュア版「カブトガニ」のような見た目をしている。ウオジラミの名前の通り魚の体の表面に寄生して、そこから魚の粘液や血液を食べて生活している。

淡水魚に寄生する「チョウ(鰓尾目 チョウ科)」という甲殻類も「ウオジラミ」の別名を持っているが、それとは別の生物なので注意。

(2020年3月)

ご覧の通り、非常に小さい