トゲワレカラ

特徴

(写真:2019年4月採集。全長約4cm(触角の先端から足の先まで)。このトゲワレカラはオスで最大級サイズだ(目盛は0.5cm))

レア度:★★☆☆☆ 節足動物門 甲殻綱 端脚目 ワレカラ科 ワレカラ属 学名:Caprella scaura 英名:? よく見られる季節:春~初夏?

【この生物の解説動画はこちらから】

最大で4cmほどになる。世界中に分布しているワレカラで、日本の沿岸でも最もよく見られるワレカラの1つ。

浦安では春~初夏にかけて「オゴノリ」やアオサ類といった海藻や、ロープ、岩などにくっついているのをよく見かける。浦安で見られるトゲワレカラには数パターンの体色があり、体が赤っぽいものや褐色っぽいもの、暗い緑色をしたものなどが見られる。またトゲワレカラの名前の通り頭部背面によく目立つ鋭いトゲが1本ある。

ここでワレカラとは何なのかということについて触れたい。ワレカラとは「甲殻綱 端脚目 ワレカラ科」に属する生物で、カニやエビなどの親戚みたいなもの(厳密にはダンゴムシなどに近い生物らしい)。まるで海藻か木の枝のような細長い体を持ち、体の後ろ側にある短い歩脚で海藻やロープなどにくっついて生活している。移動の際は体を大きく屈伸させて、シャクトリムシのように移動する。

食事は水中に漂うエサ(具体的に何かは調べても分からなかった)や藻類を食べる。水中を漂うエサを捕えるとき上半身を激しく振り、その姿はまるでヘッドバンギングをしているようだ。その姿が人を招いているようにも見えることから、愛媛県ではワレカラ類を「おいでおいで虫」と呼んでいた。またワレカラ自体も小型の魚類の重要なエサ生物となっている。

ワレカラは子育てをする甲殻類としても知られており、メスのワレカラは体の中間あたり(第3~4胸節のあたり)に育児嚢(いくじのう)と呼ばれる器官を持つ。育児嚢で孵化した子ワレカラたちはしばらくの間、お母さんワレカラの体中にくっついて生活する(下の写真参照)。またワレカラはオスとメスで体の作り(見た目)が異なる場合が多い(トゲワレカラはそれが顕著だと思う)。

日本の海ではありふれた生物であるトゲワレカラだが、その特異な生態と奇妙で愛嬌のある見た目から、私のお気に入り生物の1つだ。

(2020年2月)

オスのトゲワレカラ。生きた状態で撮影。頭部背面に鋭いトゲが1本見られる。また体の中間あたり(第3~4胸節のあたり)にある4枚の羽状のものはエラだ(目盛は0.5mm)
メスのトゲワレカラ。生きた状態で撮影。体の中間あたり(第3~4胸節のあたり)に膨らみが見られ、これは育児嚢に卵を抱えている(目盛は0.5mm)
メスのトゲワレカラは生まれた子供を体中にくっつけて子育てをする。生きた状態で撮影
背中側から見たトゲワレカラ(目盛は0.5mm)

採集する

(写真:2019年7月上旬撮影。海底に溜まっていた海藻のクズを網ですくうと、一緒に大量のトゲワレカラが採れた)

1~2月頃でも「オゴノリ」にくっついているのを見かけるが、数が多いのは3~5月頃か。何かに付着している生物なので、海藻や岩の表面などをタモ網でさらうと一緒にとれる。

飼育する場合は、ワレカラの体を傷つけないよう、ワレカラがくっついている基質(海藻やロープなど)ごと採集すると良いと思う。

飼育する

(写真:2019年4月下旬撮影。ロープの表面にとても小さなトゲワレカラの子供がくっついている。見えるだろうか? )

詳しい人によれば、トゲワレカラはワレカラ類の中では丈夫で何でも食べるので、飼育は簡単な方らしい。ただ魚類などと一緒に飼育するとすぐに食い尽くされてしまうので注意が必要。

過去に三番瀬水槽でも虫かごに隔離して飼育したことがある。エサは細かく砕いたフレークを水中に漂わせてやると、それを捕らえて食べていた。ただ寿命が短く(詳しい人の話では40日ほどとか)、水槽に連れてきても早期に死んでしまう。その生態と相まってどこか儚げな印象を持つ生物だ。