タテジマフジツボ

特徴

(写真:2021年1月下旬撮影。殻の直径約1cm、殻の高さ約1cm。どこからか河口に流されてきた金属製の杭に多数付着していた)

レア度:★★☆☆☆ 節足動物門 顎脚綱 無柄目 フジツボ科 Amphibalanus属 学名:Amphibalanus amphitrite 英名:? よく見られる季節:一年中?

【この生物の解説動画はこちらから】

殻の直径が1cmほどにまで成長する。沖縄を除く日本各地の沿岸でよく見られるフジツボの一つで、内湾の筏や桟橋、船の底などに多く付着する。ちなみに外来種で、1930年台に、船に付着したり、船が汲み上げたバラスト水などによって日本に運ばれてきたようだ。

浦安も頻繁に見かけるフジツボの1つで、特に河口部~河川中流域に多い印象がある。金属製の杭や柵に密集して付着してると思えば、その周囲護岸にも「イワフジツボ」「シロスジフジツボ」と混じって付着しており、またカキ殻に付着しているのもよく見る。付着場所を選ばないようだ。環境の変化や低塩分に強く、長時間の干出にも耐える。

体色は白色をベースに、暗い紫色の細い縦ジマがある。殻の表面は触ると滑らかだが、個体によっては少々ボコボコしていたり、スジが入っているものも見かけるような…。また殻表面にある逆三角形の凹み(「幅部」)の幅は広い。殻は「シロスジフジツボ」などと比べると薄く、欠けやすい。

殻口が殻に対して大きめで、殻口は縦長の歪な五角形もしくは縦長の菱形をしている(私が見たものでは)。また殻口の縁辺がギザギザになっている個体もあった。殻口の蓋(「蓋版」)を構成する、4枚の板(「楯板(じゅんばん)」と「背板(はいばん)」)上部が白く縁どられており、またよく見ると「楯板」には細かなスジか密に並ぶ。

タテジマフジツボはお互いに隣り合って高密度で群生しているのをよく見るが、個体同士の付着は弱く、また基質への付着力も「イワフジツボ」や「シロスジフジツボ」などに比べると弱いので、手で簡単に引き剥がすことができる(私が生物採集している場所での場合)。また密度が高い場所では、殻の形状は円筒状に近くなるようだ(下の写真参照)。

「萬脚(まんきゃく)」はツル状で、色は薄い褐色~焦げ茶色をしている。

ここでフジツボとは何なのかということに触れたい。その姿から貝の一種だと誤解されがちだが、フジツボとは節足動物門 蔓脚(まんきゃく)類 フジツボ亜目に属する甲殻類の総称のことで、つまり大まかなくくりで言えばエビやカニと同じグループに入る生物。

しかし体の作りはエビ、カニなどとは大きく異なり、体は堅い石灰質の殻に覆われ、基本的に移動はせず、岩や護岸に多数集まって固着生活をする。食事は火山の噴火口のような殻口から、つる状(羽状)の萬脚を伸ばして水流を起こし、プランクトンなどを捕らえて食べる。ちなみにフジツボの全ては海産。

船の底やスクリューにたくさんのフジツボ類が付着して船のスピードを遅くさせたり、養殖貝に付着して漁業ダメージを与えたり、発電所の冷却水路をつまらせたりするため、人間サイドからは若干嫌われている生物である。ただ地方によっては大型のフジツボ類を食用としており、かなりの美味だとか(食べた知人の話では、滅茶苦茶美味かったとか)。

(2021年2月)

体色は白色をベースに、暗い紫色の細い縦ジマがある。殻の表面は触ると滑らかだが、個体によっては少々ボコボコしていたり、スジが入っているものも見かける気がする
殻口が殻に対して大きめで、殻口は縦長の歪な五角形もしくは縦長の菱形をしている(私が見たものでは)
お互いに隣り合って高密度で群生しているのをよく見るが、個体同士の付着は弱く、また基質への付着力も「イワフジツボ」や「シロスジフジツボ」などに比べると弱いので、手で簡単に引き剥がすことができる(私が生物採集している場所での場合)。また密度が高い場所では、写真のように殻の形状が円筒状に近くなるようだ
「萬脚(まんきゃく)」はツル状で、色は薄い褐色~焦げ茶色をしている