タナイスの一種①

特徴

(写真:2020年3月中旬採集。全長約3mm。名前といい、姿かたちといいヘンテコな生物だ)

レア度:? 節足動物門 軟甲綱 タナイス目 学名:? 英名:? よく見られる季節:?

種類不明。3月の三番瀬で、水中に漂っていたシオミドロのような海藻を採集したところ、その海藻に何匹もくっついていた。私が浦安でこのような生物を見たのはこの時が初めてだった。詳しい人によれば、「キスイタナイス」という種類ではないかとのこと。

個人的には面白い見た目をしている生物だなぁと思う。ロブスターのような頭とハサミ、体はシャコのようで、体の後端はクモの腹のような形をしている。この姿を見て、漫画「ハンターハンター」のキメラアント編で登場したトラウマ敵キャラクターを思い出したのは私だけだろうか。

体をひっくり返すと、折りたたまれた大きな2つのハサミと脚が6対、体の後端部には4~5対の毛のような触角のようなものが生えている。また腹部(正しくは胸節)には卵と思われるものを抱えている(下の写真参照)。

ちなみにタナイスとは、『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』によると、『軟甲綱 タナイス目 Tanaidaceaに属する甲殻類の総称。一般に体長 2~5mmで、例外的な大型種は約10cm。外形は等脚類に似て長い円筒形、あるいは背腹にやや扁平で、頭部とほぼ同大の6胸節、退化的な6腹節からなる。眼は有柄であるが不動。第1脚は必ず鋏を形成し、雄の鋏は大きい。続く6対の脚は歩行用である。ほとんどが海産で、沿岸から浅海にかけては海藻の根元や、岩礁に固着したカキ、フジツボ類の間にすむ。深海底に生息する種も知られている。約 500種で、5科に分類されている。』だそうだ。

500種も確認されているなら、きっと三番瀬には他のタナイス類もいるのだろうなと思う。

(2020年4月)

頭はロブスター、体はシャコ、お尻はクモって感じだ
体のお腹側(胸節)には卵と思われる白い塊を抱えている
2020年5月下旬に採集した個体。全長約1.7mm。生きた状態で撮影