ニッポンドロソコエビ

特徴

(写真:2019年4月中旬採集。体長約7mm(触角を除いた体の長さ)。生きた状態で撮影)

レア度:★★☆☆☆ 節足動物門 軟甲綱 端脚目 ユンボヨコエビ科 ドロソコエビ属 学名:Grandidierella japonica 英名:? よく見られる季節:?

(同定にちょっと自身がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけると嬉しいです)

以下、本種を「ニッポンドロソコエビ」と仮定した解説です。

どの程度まで大きくなるかは分からない。2019年4月中旬の三番瀬で、海底の砂をタモ網ですくったらその中から見つかった。三番瀬で見られるヨコエビ類の中では比較的よく目にする種類だと思う。

ニッポンドロソコエビは汽水域やの海の浅い場所の海底が砂泥の場所に多く生息し、東京湾の広範囲でもよく見られるヨコエビらしい。

体はくすんだ白色で、黒い細かな斑点模様がある。長く太めの触覚にはシマ模様が見られる。またオスの腕(第2咬脚)は非常に太く良く目立つ(写真の個体はオスだろうか)。

ここでヨコエビとは何なのかということについて触れたい。ヨコエビとは「節足動物門 軟甲綱 端脚(たんきゃく)目 ヨコエビ科」に属する甲殻類の総称で、「エビ」と名前が付いているが厳密にはエビの仲間ではない(エビ類は十脚(じっきゃく)目)。大きさは0.5cmほどから5cmと様々で、その種数は世界で7000種以上おり、日本では300種ほどが確認されているそうだ。ほとんどは海に生息しているが、河川や湖、沼、畑などにも生息している。

ヨコエビの体は左右から押しつぶされたような平たい体をしているものが多く、石の上を横向きのままはい回る姿や水中を横向きに泳ぐ姿から「横エビ」の名前が付いた。

ヨコエビ類は非常に高密度で生息することがあり、海藻の上や泥の塊の中に巣を作って1㎡あたり数千~数万匹いることもある。そのためヨコエビ類は魚類など他の生物の重要なエサ生物になっている。

私は正直ヨコエビ類の同定には自信がない。ヨコエビの体は小ささの割にその構造は非常に細かく複雑で、種類を見分けるには実体顕微鏡などを使ってしっかりと各部の形態を見なくてはいけない。なのでこの図鑑の同定に誤りがあったら教えていただけると嬉しいです。

(2020年2月)

下から光を当てて撮影してみた。体に対して腕(第2咬脚)が非常に太いのがわかる

触角は根本~先端まで太めで長く、触角全体に幅の広いシマ模様が見られる

体の後半部