ニホンスナモグリ

特徴

(写真:2016年8月中旬採集。全長約10cm(ハサミの先端から尾の先までの長さ))

レア度:★★★★☆ 節足動物門 軟甲綱 十脚目スナモグリ科スナモグリ属 学名:Callianassa japonica 英名:Ghost nipper よく見られる季節:?

(同定にちょっと自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えていただけると嬉しいです)

※以下、本種を「二ホンスナモグリ」と仮定した解説です。

最大で体長5cmほどになる。内湾の海底が砂泥の場所に深さ30~50cmの穴を掘って住んでいるらしい。私は生物採集の時に穴を掘るということをしないので、6年間でニホンスナモグリを見たのは一度だけ(会長のI氏が捕まえてくれた)。スコップで海底を掘って探せばもっと見つかるのかもしれない。

変わった見た目をしているなぁと思う。最大の特徴は左右で大きさが著しく異なるハサミ(第1胸脚)だろう。大きい方のハサミは重くて邪魔にならなのか心配になってしまうほどだ。調べてみると、右のハサミが大きかったり左の方が大きかったり個体によって違うらしい。体色は半透明の白色で、内蔵が透けて見える。体は柔らかく、そっと扱わないとちぎれてしまいそうだ。体験はエビ型であるが、分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属する。

ちなみにニホンスナモグリは、近縁種の「スナモグリ」と一緒に「ボケ」と呼ばれ、釣りの高級餌として扱われている。

(2020年2月)