モクズヨコエビ科の一種①

特徴

(写真:2020年3月下旬採集。体長約10mm(触角を除いた体の長さ)。生きた状態で撮影。薄い緑の下地に黒やオレンジの模様が入った、複雑な体色をしている)

レア度:★★☆☆☆ 節足動物門 軟甲綱 端脚目 モクズヨコエビ科 学名:Ptilohyale barbicornis 英名:? よく見られる季節:?

(ちょっと同定に自信がありません。他の資料も参照してください。間違っていたら教えて頂けると嬉しいです)

どの程度まで大きくなるかはわからないが、体長4~6mmほどのものをよく見かける。2020年3月下旬に河口で、海藻(「スナビキモク」)や水中に沈んだ魚網にくっついていたのものを採集。浦安で見かける他のヨコエビ類に比べて泳ぎが速く、また水の外に出してもかなりの跳躍力でピョンピョン跳ねまくるので、うっかりしているとすぐに見失ってしまう。ちなみにわたしが見た限りでは、三番瀬より浦安市内河川の下~中流域で本種をよく発見した。

屋外では体全体が黒っぽく見えるが光を当てて確認すると、体色は薄い褐色~暗緑色をしており、その濃淡によって大きなブチ模様のような複雑な模様がしている。触角と第5~7胸脚?には明るい褐色のシマ模様が見られる。また脚の付け根の底節版がオレンジに色づいている。触覚は体の半分より短く、触角の先端部は多数の短い節で構成されている。目(複眼)は大きく、形はやや角ばった楕円形をしている。

また5月の浦安市内河川の河口では多数の本種が見られ、この時期に採集した個体はみな体に大きな白い斑点模様が現れていた(下の写真参照)。このような個体が半分ほどの大きさの別個体(おそらくメスと思われる)に、後ろから覆い被さっている姿も多数目撃した(おそらく繁殖期なのだろう)。

ここでヨコエビとは何なのかということについて触れたい。ヨコエビとは「節足動物門 軟甲綱 端脚(たんきゃく)目 ヨコエビ科」に属する甲殻類の総称で、「エビ」と名前が付いているが厳密にはエビの仲間ではない(エビ類は十脚(じっきゃく)目)。大きさは0.5cmほどから5cmと様々で、その種数は世界で7000種以上おり、日本では300種ほどが確認されているそうだ。ほとんどは海に生息しているが、河川や湖、沼、畑などにも生息している。

ヨコエビの体は左右から押しつぶされたような平たい体をしているものが多く、石の上を横向きのままはい回る姿や水中を横向きに泳ぐ姿から「横エビ」の名前が付いた。

ヨコエビ類は非常に高密度で生息することがあり、海藻の上や泥の塊の中に巣を作って1㎡あたり数千~数万匹いることもある。そのためヨコエビ類は魚類など他の生物の重要なエサ生物になっている。

私は正直ヨコエビ類の同定に自信がない。ヨコエビの体は小ささの割にその構造は非常に細かく複雑で、種類を見分けるには実体顕微鏡などを使ってしっかりと各部の形態を見なくてはいけない。なのでこの図鑑の同定に誤りがあったら教えていただけると嬉しいです。

(2020年5月)

下から光を当てて撮影してみた

2020年5月下旬採集。体長約8mm(触角を除いた体の長さ)。婚姻色なのだろうか? この時期に採集した個体はみな体に大きな白い斑点模様が現れていた(正確にはもともと色が薄かった部分の色が白っぽく変化していた)このような個体が半分ほどの大きさの別個体(メスと思われる)に後ろから覆い被さっていた(目盛は0.5mm)
2020年5月下旬採集。体長約4.5mm(触角を除いた体の長さ)。生きた状態で撮影。メス個体と思われる。後ろから倍ほどの大きさのオス個体に抱き抱えられていた(目盛は0.5mm)
2020年5月下旬撮影。オス個体がメスを後ろから抱きかかえている様子。自然光下で遠くから見ると、体色は黒色に見える

飼育する

自宅水槽のろ過槽(水作エイトコア)や底砂の掃除をしてもらう目的で色々な種類のヨコエビを今まで水槽内に投入してきたのだが、本種だけが生き残ってろ過槽内を根城として、繁殖をし数増やしている。現在夏を迎え、水温27℃、比重1.023、硝酸塩高めという環境だが特に問題はなさそうだ(2020年8月現在)。