ミツオビクーマ

特徴

(写真:2019年4月中旬採集。全長約8mm。頭部(頭胸甲)の側面に、斜めに走る3本の盛り上がった線があるのが特徴(スケールは5mm))

レア度:★★☆☆☆ 節足動物門 軟甲綱 クーマ目 クーマ科 クーマ属 学名:Diastylis tricincta 英名:? よく見られる季節:3月~初夏?

どのくらいまで大きくなるかはわからないが、よく見かけるのは数mmから大きくても1cmぐらい。

春頃に三番瀬で海底をタモ網で引きずると捕れることが多い。東京湾で最もよくみられるクーマの一種で、シーズン虫にはしばしば大発生し、採集用の網の中がクーマだらけになることもある。またミツオビクーマは小型の魚類や甲殻類の重要なエサ生物となっており、三番瀬を含む東京湾の生態系を支える生物の1つだ。

ミツオビクーマは頭部(頭胸甲)の側面に斜めに走る3本の盛り上がった線があるのが特徴。体色は汚れたような白色や半透明をしている。また尾の先端(尾節)も他のクーマ類と比べると長いらしい。

ちなみにクーマとは「軟甲綱 クーマ目」に属する甲殻類の総称で、クーマ(Cuma)はギリシア語で「波」、「胎児」を意味するらしい。たしかに胎児というイメージはしっくりくる。体長は数mmのものが多いが、希に 1~3cmに達するものもいるらしい。

クーマの見た目は頭部(頭胸部)が大きいが腹部は細く、不完全なエビのような姿をしている。メスは脚(胸脚)の付け根あたりに哺育嚢をつくり、孵化するまで卵をそこに抱える。すべて海産で潮間帯から深海まで幅広く生息しており、基本的に日中は砂泥に潜って生活しているが、夜間は水中に泳ぎ出る。

(2020年3月)