マルエラワレカラ

特徴

(写真:2019年5月中旬採集。全長約20mm(触角の先端から脚の先まで)。生きた状態で撮影。オスのマルエラワレカラ。「マルエラ」の名前の通り、体の中間にある4枚のエラがウチワのように丸い(目盛は0.5mm))

レア度:★★★☆☆ 節足動物門 甲殻綱 端脚目 ワレカラ科 ワレカラ属 学名:Caprella penantis 英名:? よく見られる季節:4~7月

どのくらいまで大きくなるかは分からない。「トゲワレカラ」と並んで日本の沿岸で最もよく見られるワレカラの1つ。浦安では春~初夏にかけて潮が引いた海岸の岩影や石の下で、大量に群れているのをたまに見かける。水中があまり好きでない?のか、採集してバケツに入れておいても水の上まではい出てくる(謎だ)。

「マルエラ」の名前通り、体の中間に4枚あるエラがウチワのように丸い。体色だが、私が浦安で発見したマルエラワレカラは薄い緑~薄い黄緑色をしているものが多かった。また「トゲワレカラ」と比べると体の各節が丸みを帯びており、特にオスは腕(第2咬脚)が太く、マッチョな印象を受ける。詳しい人によれば、マルエラワレカラには体節が太く頑強なRタイプと、細いSタイプがあるそうだ(つまり写真のマルエラワレカラはRタイプということだろうか?)。

ここでワレカラとは何なのかということについて触れたい。ワレカラとは「甲殻綱 端脚目 ワレカラ科」に属する生物の総称で、カニやエビなどの親戚みたいなもの(厳密にはダンゴムシなどに近い生物らしいが)。まるで海藻か木の枝のような細長い体を持ち、体の後ろ側にある短い「歩脚」で海藻やロープなどにくっついて生活している。移動の際は体を大きく屈伸させて、シャクトリムシのように移動する。

食事は水中に漂うエサ(具体的に何かは調べても分からなかった)や藻類を食べる。水中を漂うエサを捕えるとき上半身を激しく振り、その姿はまるでヘッドバンギングをしているようだ。その姿が人を招いているようにも見えることから愛媛県ではワレカラ類を「おいでおいで虫」と呼んでいた。またワレカラ自体も小型の魚類のエサとして重要な生物である。

ワレカラは子育てをする甲殻類としても知られており、メスのワレカラは体の中間あたり(第3~4胸節のあたり)に育児嚢(いくじのう)と呼ばれる器官を持ち、育児嚢で孵化した子ワレカラたちはしばらくの間、お母さんワレカラの体中にくっついて生活する(下の写真参照)。

(2020年2月)

マルエラワレカラのメス(と思われる)。生きた状態で撮影。体の中間あたり(第3~4胸節のあたり)にある育児嚢が膨らんでいる(目盛りは0.5mm)
背中側から見たマルエラワレカラのメス(と思われる)。(目盛は0.5mm)