カイヤドリウミグモ

特徴

(写真:2019年5月上旬採集。大きさ約10mm。生きた状態で撮影。生物採集をしていたら偶然網の中に入った。体の中心の節の上部に眼のような点が見える)

レア度:★★★★☆ 節足動物門 ウミグモ綱 皆脚目 トックリウミグモ科 Nymphonella属 学名:Nymphonella tapetis 英名:? よく見られる季節:?(二枚貝に寄生することから潮干狩りシーズンに発見することが多い)

最大で体長約8mm、脚(歩脚)の長さが15mmほどになる。なんともグロテスクな見た目の生物だ。私はコイツを見たとき真っ先に映画「エイリアン」に登場する、人間の顔面に張り付きエイリアンの卵を産み付けるアイツが思い浮かんだ(ちなみにアイツは「フェイスハガー」といいます)。

「カイヤドリ」という名前の通り、この生物は幼生時に水中を漂いながら「アサリ」などの二枚貝の内部に寄生し 、その体液を吸って成長する。そして成体になると貝の外に出て産卵を行う。成体は砂に潜って生活するとされているが、貝の中でそのまま成体になる場合もあるらしい。また私は夜間カイヤドリウミグモの成体が、潮の流れに乗るようにしてフワフワ水中を漂っているのを見たことがある。

カイヤドリウミグモに寄生された二枚貝は、栄養が足りなくなって成長不良となり、最悪衰弱死する。またウミグモが貝殻の中の水流を阻害することで、貝の呼吸を妨げるケースもある。1つの貝に多い時は数十匹のカイヤドリウミグモが寄生することがあり、その光景はなかなかおぞましい。

カイヤドリウミグモに寄生された「アサリ」は身が痩せ、見た目も悪く商品にならないので、アサリ漁師さんのにとっては最大の悩み種の一つとなっている。2007年には千葉県木更津市の盤洲干潟において6月末頃からカイヤドリウミグモによる「アサリ」の大量死が発生し、地元漁協では出荷停止に追い込まれるということがあった。

ちなみに人に寄生することはないので、食べても全然問題ない。私もこの生物の存在を知らなかった当時、「やけに身の痩せたアサリがいるなぁ。なんか糸みたいのも付いてるし…」と思いつつも、そのまま何匹も食べてしまっていた(もちろん火は通して)。

(2020年2月)

体の裏面から撮影
下から光を当てて撮影。その造形はグロテスクながらも、同時に神秘さも感じさせる(目盛は0.5mm)
2019年7月上旬採集。抱卵したカイヤドリウミグモが何匹か団子状に絡まっている(目盛は0.5mm)
抱卵したカイヤドリウミグモ。直径1~2mmほどの袋状のものが卵だ(目盛は0.5mm)